家庭教師

【紹介無料】家庭教師の個人契約のオススメサイトと料金相場を紹介【簡単にマッチング】

家庭教師の個人契約サイトを比較!おすすめはこのサイト
家庭教師を探している親
家庭教師を探している親
家庭教師を個人契約したいけど、どうやって探せばいいのかわからない。
家庭教師の個人契約の料金相場ってどれくらい?
個人契約で注意するべきことってなに?いい先生を選ぶコツがあったら教えて!

そんな疑問にお答えします。

この記事を書いている私は、個人契約と家庭教師センターの両方で家庭教師を利用した経験があります。

今回の記事では、親の目線でオススメできる「家庭教師の個人契約サイト」と「料金の相場」を紹介します。

結論から言うと、個人契約と家庭教師センターの両方の良い面をもった、家庭教師スマートレーダーがオススメです。

料金相場と合わせて理由を説明していきます。

家庭教師の料金相場(家庭教師センターと個人契約の比較)

家庭教師の料金相場(家庭教師センターと個人契約の比較)

まず、家庭教師センターと個人契約で料金相場を比較しました。

料金相場を見ると、家庭教師センターよりも個人契約の方が安いことがわかります。個人契約の中でも、大きく3つのタイプにわかれるため、それぞれの特徴と代表的なサイトについて詳しく説明します。

分類家庭教師入会金・紹介料1時間の授業料
家庭教師センター家庭教師ドクター20,000円4,800円~
8,200円
家庭教師のノーバス20,000円4,500円~
7,500円
個人契約サイト①システム利用タイプ(スマートレーダー)無料2,500円~
6,000円
②掲示板タイプ無料2,500円~
10,000円
③契約仲介タイプ5,200円~
9,800円
2,500円~
10,000円

家庭教師の個人契約のメリット・デメリット

家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師の個人契約のメリット

  1. 入会金や紹介料、仲介手数料が不要で安い
  2. 自分の好きな家庭教師を選ぶ事ができる
  3. 必要な時に必要なだけお願いできる

1番目のメリットは「料金が安いこと」。入会金や仲介手数料がないのは魅力出来です。

2番目のメリットは、「自分の好きな家庭教師を選ぶ事ができること」。家庭教師センターも希望を出すことはできますが、どうしてもセンターの都合が優先されてしまいます。その点、個人家庭教師であれば沢山の家庭教師の中から自分が気に入った家庭教師を選ぶ事が出来ます。

3番目のメリットは、「必要な時に必要なだけお願いできること」。家庭教師センターの場合、細かな契約で予め月の回数が決められてしまいますが、個人家庭教師であれば調整の余地があります。夏休み期間中や試験前を多くしたり、学校行事で忙しい時は少なくしたり、ということも可能です。

しろくま
しろくま
料金が安く抑えられるのは助かるな
おくさん
おくさん
探せば志望校のOBを選ぶこともできるね

家庭教師の個人契約のデメリット

  1. 契約やトラブルは、自己責任
  2. 講師のレベルが保障されていない
  3. 講師の料金が適正かわからない

1番目のデメリットは「契約やトラブル対応が自己責任なこと」。講師とトラブルが発生したときに相談できる先がないことは、大きな不安要素です。

2番目のデメリットは、「講師のレベルが保障されていないこと」。家庭教師センターは審査や面接があり、一定水準の講師の質が保障されますが、個人契約では講師の質を保証してくれるところがありません。

3番目のデメリットは、「講師の料金が適正かわからないこと」。家庭教師センターの場合、先生の実績や経験によって料金が異なるのが一般的です。一方、個人家庭教師は講師の自己申告となるので、料金が適正かどうかの判断ができません。

しろくま
しろくま
講師と突然連絡がつかなくなったら困るな
おくさん
おくさん
自己申告のプロフィールだと、どこまで信じていいのかわからないね

家庭教師の個人契約サイトの探し方

家庭教師の個人契約サイトの探し方

家庭教師の個人契約サイトは、大きく3つのタイプに分かれています。

  1. システム利用タイプ
  2. 掲示板タイプ
  3. 契約仲介タイプ

家庭教師の個人契約(システム利用タイプ)の特徴

家庭教師

システム利用タイプは、ここ2、3年で出てきた新しいタイプとなります。

しろくま
しろくま
家庭教師の適性時給をAIが査定して、報酬の一部をシステム利用料として頂く形態です
おくさん
おくさん
システムで管理しているため手数料が安く抑えられるうえに、運営によるサポートも継続的に受ける事ができるよ

システム利用タイプの特徴

  • 入会金、登録料、紹介料、教材費、退会費無料
  • 面倒な個人契約不要で、料金は運営へクレジットカード払い
  • 教師とのやり取りは、全てシステム上で実施
  • 教師の時給は、実績や成績からAIが査定
  • 教師のスキルはレーダーチャートで見える化

代表的なサイト

サイト名紹介料地域オンライン対応
家庭教師スマートレーダーなし全国
オンライン指導で検索可能

家庭教師のスマートレーダーは、紹介料無料・手数料無料で東大生の家庭教師と個人契約できるサービスです。無料登録すると先生の詳しい情報を見ることができます。

\会員登録無料/
公式サイトで詳細を見る

紹介料・手数料も無料

家庭教師スマートレーダーの詳しい利用方法について、詳細に知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
>>【家庭教師スマートレーダー】東大生の家庭教師を個人契約で探す方法

家庭教師の個人契約(掲示板タイプ)の特徴

家庭教師、生徒ともに無料で登録できる掲示板を利用して、家庭教師のマッチングを行うタイプのサイトです。

単なる掲示板なので、登録料や入会料、手数料もかかりません。
料金は、家庭教師に払う授業料のみとなります。

掲示板の歴史は古く、20年くらい前から存在します。
そのため、情報量は多いのですがデザインが古く検索がしづらいです。
希望する先生を探すのが難しいという、デメリットがあります。

掲示板タイプの特徴

  • 入会金、登録料、紹介料、教材費、退会費無料
  • 教師との個人契約が必要
  • 授業料は教師へ手渡しか口座振り込み
  • 運営のサポートやアフターフォローは一切なし(自己責任)

代表的なサイト

家庭教師の個人契約(契約仲介タイプ)の特徴

家庭教師の仲介に特化したサイトです。
仲介に特化しているため運営によるサポートやアフターフォローは原則ありません。
その反面、低価格に抑えているという特徴があります。

契約仲介タイプの家庭教師の申し込みには2つの方法があります。

  • 検索ページから気に入った先生の指名を行う
  • 募集ページで先生を募集する

紹介料の発生タイミングについては、サイトによって異なります。

  • 1回面談をする毎に紹介料が発生するパターン
  • 面談は無料で、採用を決めたタイミングで紹介料が発生するパターン

授業料については、教師次第となるため時給1500円~10000円とバラバラです。
そのため、大学や実績を見て相場と離れていないか?納得感があるか?をよく検討する必要があります。

契約仲介タイプの特徴

  • 入会金、登録料、教材費、退会費無料
  • 紹介料が発生
  • 教師との個人契約が必要
  • 授業料は教師へ手渡しか口座振り込み
  • 面談までの日程取り決めなどのサポートはあり

代表的なサイト

サイト名紹介料地域オンライン対応
家庭教師ask20,000円
紹介1回あたり
全国
オンライン指導で検索可能
家庭教師のトラスト7,800円
紹介1回あたり
全国
教師次第
個人契約の家庭教師紹介diy5,200円
紹介1回あたり
全国
オンライン指導で検索可能

これら3つのサイトについては、コチラの記事で詳細を書いています。気になった方は、ご覧ください。

>>ask・トラスト・diyの特徴・評判・口コミ

家庭教師の個人契約で注意すべき5つのこと

家庭教師が予定の日に来なかったら?

  1. システム利用タイプ
    教師に連絡し、利用者と教師間で確認。
    トラブルが発生した場合は、運営会社に連絡すれば対処してくれる
  2. 掲示板タイプ
    教師に連絡し、利用者と教師間で解決が必要
    教師に連絡がつかない場合も自己解決
  3. 契約仲介タイプ
    教師に連絡し、利用者と教師間で解決が必要
    教師に連絡がつかない場合は、運営会社に連絡すると対処してくれる場合もある

家庭教師の費用を高く請求されたら?

  1. システム利用タイプ
    教師と直接の金銭のやり取りは発生しない
    そのため、予め提示されている以上の料金は請求されない
  2. 掲示板タイプ
    利用者と家庭教師間で解決が必要
  3. 契約仲介タイプ
    利用者と家庭教師間で解決が必要

家庭教師の料金が相場と比べて高すぎないか?

  1. システム利用タイプ
    教師の模試・定期テスト・本試験などの成績から、独自のアルゴリズムで「適性時給」と「能力チャート」を算出して「見える化」
  2. 掲示板タイプ
    利用者が判断
    一般的には、利用者の学年が上がる毎に授業料が上がります
    小学生:1500円~2500円
    中学生:1600円~2700円
    高校生:2000円~3000円
    ※利用者が受験生の場合は、+1000円~2000円くらい高くなる傾向があります
  3. 契約仲介タイプ
    利用者が判断
    ※掲示板タイプと同じ

家庭教師が子どもと合わない場合に交代できるのか?

  1. システム利用タイプ
    継続的に利用する必要がないため、交代を希望する場合は次回の予約を入れないだけ
  2. 掲示板タイプ
    利用者が教師に契約解除を伝える
  3. 契約仲介タイプ
    利用者が教師に契約解除を伝える
    ※掲示板タイプと同じ
おくさん
おくさん
家庭教師と子供が合わない場合の対処方法については、コチラの記事にまとめています。

>>家庭教師と相性が合わない時に取るべき5つの行動

家庭教師がオンライン対応してくれるのか?

  1. システム利用タイプ
    オンライン対応の仕組みあり
    PC端末が必要(スピーカー、ビデオ、マイクが付いてること)
  2. 掲示板タイプ
    教師によるため、事前に要確認
  3. 契約仲介タイプ
    教師によるため、事前に要確認
    ※掲示板タイプと同じ

家庭教師の個人契約でいい先生を選ぶコツ

家庭教師の個人契約で注意すべきこと

家庭教師のプロフィール・経歴をじっくり読む

まずは、教師のプロフィールや経歴をじっくり読みましょう。

確認ポイントの例

  • 出身校はどこか?
    ⇒子どもの志望している学校のOB/OGだと、子どものモチベーションも上がりやすいです
  • 中学受験、高校受験、大学受験の経験はあるか?
    ⇒子どもの受験タイミングと同じような経験があれば、より適した指導が可能です
  • 住所はどこか?
    ⇒自宅で指導を受ける場合は、教師の住所が近い方が交通費を安く抑える事が可能です
  • 時給は適正か?
    ⇒他の家庭教師と比べて高すぎないか?もしくは、安すぎないか?(安すぎる場合は、何か理由がないか探りましょう)

家庭教師に質問をする

プロフィールや経歴を見て、良さそうな教師が見つかったら質問をしましょう。

質問の例

  • 塾講師や家庭教師の経験はあるか?
    ⇒特に塾講師の経験があると、指導レベルが高い事が多いです
  • いま抱えている生徒の学年と人数は?
    ⇒同じような学年のお子さんを複数抱えていると、入試直前期に多くの授業を入れる事が出来ない場合があります
  • 春休み、夏休み、冬休みに長期の旅行や合宿などの予定はないか?
    ⇒受験生にとって長期休みは追い込み時期ですが、学生の場合は旅行や合宿などの予定がある場合があります
  • 〇〇塾の生徒を指導した経験はあるか?
    ⇒子どもが通っている塾のカリキュラムを把握していると、学習スケジュールをスムーズに立てる事ができます

家庭教師に体験授業を申し込む

質問の回答も良さそうであれば、体験授業を申し込みましょう。
体験授業については、教師によって無料の場合と有料の場合があるので、事前に確認しておきましょう。

体験授業は対面でもオンラインでも良いですが、お子さんがどう感じたか?は必ず確認しましょう。

家庭教師の個人契約が合わないなと感じたら

家庭教師が合わないなと感じたら
おくさん
おくさん
ここまで読んでみたけれど、個人契約だとどうしても不安という方は、他の方法で家庭教師を探してみましょう。

個人契約以外にも、これらの方法で家庭教師を探すことができます。

  • 家庭教師センターを利用する
  • ココナラストアカで家庭教師を探す
  • Twitterで家庭教師を探す
  • 知人・友人に紹介してもらう
おくさん
おくさん
家庭教師センターを利用する方法については、大手家庭教師センターのノーバスの紹介記事を書いているので、詳しくはコチラの記事をご覧ください。
>>【利用歴3年以上】家庭教師のノーバスの料金と評判・口コミを紹介
しろくま
しろくま
家庭教師センターと個人契約の違いは、詳細を書いているので興味がある方は、コチラの記事をご覧ください。
>>家庭教師センターと個人契約の違い

家庭教師をつけた効果【体験談】

家庭教師をつけた効果
しろくま
しろくま
「家庭教師をつけて実際に成績が上がるか不安」という方は、我が家の家庭教師体験談をご覧ください。
>>家庭教師を利用して偏差値12アップした合格体験談
おくさん
おくさん
最後の追い込みでは成績を伸ばすだけでなく、親・子ども両方の精神的な支えとしても助かりました。
しろくま
しろくま
最後に成績をもう一伸びさせたいというかたは、コチラの記事をご覧ください。
>>中学受験の追い込みで家庭教師をつけた結果!短期間で成績アップ

まとめ:オススメの家庭教師の個人契約サイトはスマートレーダー

家庭教師スマートレーダー

家庭教師の個人契約を利用する場合、コスト面で大きなメリットがあります。

一方で、個人契約のため何かトラブルがあった場合も自己責任となってしまいます。

家庭教師スマートレーダーは家庭教師の適性時給をAIが査定して、報酬の一部をシステム利用料として頂く形態となっているため、手数料も安く抑えられるうえに、運営による継続的なサポートを受ける事もできます

スマートレーダーは、オンラインにも対応しています。全国どこでも、東大生・京大生から授業を受ける事が可能です。

まずは、会員登録をしてどんな先生がいるか検索してみましょう。

しろくま
しろくま
良い先生は直ぐに埋まってしまうから、早めに登録して何人か目星をつけておこう
おくさん
おくさん
本当にお願いしたいときに、希望の先生がいなかったら困るな

\会員登録無料/
公式サイトで詳細を見る

紹介料・手数料も無料

家庭教師スマートレーダーの詳しい解説や登録方法については、家庭教師スマートレーダーとは?料金とメリット・デメリットを徹底解説で詳しく書いています。

 

さいごに:よい家庭教師を見極める方法について

さいごに1つだけ、よい家庭教師を見極める方法についての情報です。
家庭教師を選ぶときは、Webサイトだけでなく資料をもらうようにしましょう。

理由は大きく3つあります。

紙の資料をもらう理由
  • Webより情報量が多い
  • 横並びで比較しやすい
  • 資料請求した人だけのお得なキャンペーンがある

わたしも実際に家庭教師を探す際は、紙の資料も一通りもらって検討をしました。
資料請求するときは一度の情報入力で複数社の資料を送ってもらえる、ウェルカム家庭教師ナビが便利です。

\一度の入力で複数社へ資料請求/
ウェルカム家庭教師ナビで資料請求
資料請求無料!