中学受験の始め方

【中学受験の始め方】塾の選び方から費用まで徹底解説

中学受験の始め方
  • 中学受験に興味があるけど、何から手をつければいいかわからない
  • いつから塾に通い始めればいいのかわからない
  • 志望校や塾をどう選べばよいのかわからない

そんな疑問にお答えします。

首都圏や関西の一部の地域では、中学受験が盛んです。高学年になったら、クラスの半分が塾に通っているという小学校もあります。

中学受験は高校受験や大学受験に比べると親世代で経験した人は少なく、いつから何をすれば検討がつかない人も多いと思います。

本記事では、中学受験を始めるみなさんが知りたいことをまとめました。我が家では、2人の息子が中学受験をしたので、体験談も含めて紹介します。

しろくま
しろくま
これから中学受験を始めるみなさんの参考になると嬉しいです

中学受験の塾はいつから入るの?

中学受験の塾は、小学3年生の2月から通うのが一般的です。大手塾のカリキュラムが、3年間かけて一通りのカリキュラムを指導する内容となっているためです。

目指す学校によっても、通塾のタイミングは変わります。御三家と呼ばれる難関校を目指す場合は、小1から塾に通う子も多いです。

実際、御三家など難関校の合格率一位のサピックスでは、小1の段階でクラスの定員が埋まってしまう校舎が多く存在します。

具体的にいつから、どれくらいの子どもが塾に通うのかをまとめたので、詳細はコチラの記事をご覧下さい。
>>中学受験の塾はいつから通い始めるべき?

中学受験の塾選びの基本

中学受験の塾選びは、大きく3つのパターンにわかれます。

  1. 御三家や難関校狙いならサピックス
  2. 都立中狙いならena
  3. それ以外ならじっくり選ぶ(四谷大塚、日能研、早稲アカ)

今の時点で志望校が決まっていないという人は、家から近い大手塾(サピックス、四谷大塚、日能研、早稲アカ)を中心に情報を集めましょう。

それぞれのパターン詳細については、コチラの記事をごらん下さい。
>>中学受験の塾選び3つのパターン

中学受験の大手塾の徹底比較

中学受験をされる方の多くは、大手塾に通っています。それぞの塾の特徴を簡単に紹介します。

【サピックス】難関校の合格者数1位!

オススメできる人

精神的に成熟している

競争心が強い

親が十分にサポートできる

5

生徒・教材レベル

4

費用

2

サポートの手厚さ

4

宿題の量

【四谷大塚】バランスがよく中堅校に強い!

オススメできる人

中堅校を希望している

まじめに勉強に取り組める

オンライン学習ができる

3

生徒・教材レベル

3

費用

4

サポートの手厚さ

3

宿題の量

【日能研】全国最大手で生徒数一位!

オススメできる人

中堅校を希望している

競争心が強い

なるべく費用を抑えたい

2

生徒・教材レベル

2

費用

4

サポートの手厚さ

2

宿題の量

【早稲アカ】早慶付属校に強い!

オススメできる人

早慶付属校を希望している

長時間、集中して勉強できる

根性論に抵抗がない

4

生徒・教材レベル

4

費用

4

サポートの手厚さ

5

宿題の量

それぞれの塾の特徴を徹底比較したので、さらに詳細が知りたい人はコチラの記事をご覧下さい。
>>中学受験の大手塾を徹底比較(サピックス・四谷大塚・日能研・早稲アカ)

また、塾に入る際は入塾テストがあります。特にサピックスの入塾テストは難しく、合格者は3割程度と言われています。

事前の対策が必須となるので、サピックスの入塾を考えている人は、コチラの記事をご覧下さい。
>>サピックスの入室テストの合格率と対策

中学受験でかかる費用は?

中学受験は小学4年生から6年生までの3年間で、約200~300万円くらいかかるのが一般的です。

小学1年生から小学3年生くらいまでは、授業数も少ないのでそれほど大きなお金はかかりません。他の習いごとと同程度(月1~2万円)です。

学年が上がることに段々と授業数や費用が増えていき、小6になれば毎月8万円近い塾代と長期休みのたびの講習代(5~20万円)がかかってきます。

実際に我が家で中学受験にかかった費用や、私立中学校にかかる学費をまとめているので、詳細が知りたい人はコチラの記事をご覧下さい。
>>【中学受験】小学生の塾通いにかかる費用は?私立中学校の学費まで徹底解説

中学受験の志望校の選び方は?

中学受験の志望校を選ぶポイントは3つです。

  • 「これだけは譲れない」という点
  • 偏差値
  • 通学距離

まずは、これら3つの点から第一志望校を考えるのがおすすめです。ある程度、学校が絞れたら実際に説明会や文化祭に参加して、学校の雰囲気を感じましょう。

志望校の選び方の詳細が知りたい方は、コチラの記事をご覧下さい。
>>【中学受験】志望校の選び方3つのポイント

第一志望校が決まったら、その学校を軸に併願校を探しましょう。併願校を探すときは、校風マトリクスを利用するのがオススメです。第一志望校と似たような校風の学校が一目でわかります。

校風マトリクスについて、詳細が知りたい方はコチラの記事をご覧下さい。
>>【中学受験】校風マトリクスを使った子どもに合った学校の探し方

最近は、説明会や文化祭もオンライン開催が増えています。実際に校舎を見たり、生徒の様子を見る機会は限られていますが、受験前に1回は見に行けるように志望校の情報収集はかかさないようにしましょう。

中学受験の情報収集にはTwitterが便利です。リアルタイムで情報が追えるので、説明会や文化祭の情報も漏らすことがありません。

しろくま
しろくま
Twitterで中学受験に役立つ情報を発信しているので、フォローすると役立ちます。
>>Twiiterで”しろくま”をフォローする

中学受験をするなら読んでおきたい本

中学受験を始めようとした時に、参考になる本を紹介します。

中学受験基本のキ

中学受験基本のキ!は、中学受験の学校選び、塾の比較、勉強方法まで、中学受験に関する基本的な情報を網羅した本となっています。

中学受験を考え始めたら、まず本書を読めば基本的な流れはつかめます。

中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ

中学受験をしようかなと思ったら読むマンガは、入塾から合格発表までマンガで楽しく中学受験を体験する事ができます。

二月の勝者の著者が漫画を描いています。

それぞれタイプの違う4家族が登場しますが、全てがハッピーエンドという訳ではないのが、とてもリアルです。

マンガで気軽に読むことが出来るので、中学受験のイメージがつかない人には、まず読む事をおすすめします。

二月の勝者

二月の勝者は、話題沸騰の中学受験をテーマとした漫画です。

君達が合格できたのは、父親の「経済力」そして、母親の「狂気」

「課金ゲー上等!」

これらの有名フレーズを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。キャッチ―なフレーズが印象的な二月の勝者ですが、内容はリアルです。

特に漫画に登場する保護者の不安、迷い、葛藤は中学受験の当事者として胸にくるものがあります。子ども達の逞しさや、ひたむきさに涙してしまう事も多いです。

パパ・ママで読む事で、中学受験について共通認識を持つこともできます。

中学受験は、高校受験や大学受験とは全く異なるので、中学受験がどんなものなのか知るためにも有用な漫画です。

さいごに:中学受験が気になったら読む本

さいごに1つだけ、いまだけの無料プレゼント情報の宣伝です。
Z会が発行している小冊子で「中学受験が気になったら読む本」というものがあります。
この小冊子では、中学受験に関する基本的なことがらがギュッとつめられた内容になっています。

Z会無料プレゼントの内容
  • 「受験するかしないか」を決める際にまず考えてみるべきこと
  • 合格に向けたスケジュール
  • 志望校選びのポイント
  • 学習法の選択
  • 合格体験談

ぼくも実際に読んでみて、もっと早くに知っておけば良かったという内容が多かったです。
「中学受験が気になったら読む本」は、Z会の資料請求をすることでもらうことができます。
数量限定なので無くなっていたらごめんなさい。

\いまだけ数量限定で無料受付中!/
無料プレゼントに申し込む
資料請求するとついてくる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。