すらら

すららは発達障害の子供の学習に適しているって本当?評判を徹底調査

すららはなぜ発達障害の子どもの学習に適しているの…?

この記事では、そんな疑問を払しょくします!

タブレット学習が家でできるすららは、発達障害の専門家が監修して作られています。ですから、飽きずに楽しく勉強を続けられるのです。

どういった点を工夫しているのか、以下で詳しく見ていきましょう。

ADHD/ASD/LSD/グレーゾーンの特性を活かした学習法

すららが発達障害の子どもでも勉強しやすい理由

すららは、タブレットを使って自宅で学習ができる教材を提供しています。同じくタブレット学習ができる教材は他にもあるのですが、すららはその中でも発達障害の子どもに対して対策を取っていることが特徴的です。なぜすららだと発達障害の子どもも楽しく学習できるのか、紹介します。

「子どもの発達科学研究所」が監修

引用:すらら

すららの低学年コースには、「子どもの発達科学研究所」という発達障害の専門機関の監修が入っています。椅子にじっと座っていられなかったり、タブレットの指示を無視して遊んでしまったり、そんな発達障害の児童に見られる症状を知り尽くし、学習に支障がないように工夫を施しています。

私自身も塾講師で、塾で発達障害を持つ子どもは何人も担当してきています。個別指導塾ですが、椅子にきちんと座るのがやっとで勉強どころではなかったり、小学4年生でもどうしても小学1年生まで戻る必要があったり、算数をやっているものの問題文が読めないため国語の勉強になってしまったりと、いろいろトラブルがあります。

個別指導なのでその子に合った指導ができますが、もし集団塾や学校のように、たくさんの子どもと一緒に学ぶ空間だったらとても息苦しいだろうなと感じます。特に日本は和を重んじ、周りと合わせることを重要視しますから個性が奪われることもあるでしょう。

すららは、そんな息苦しさを感じている発達障害を持つ子どもに対してかなり考えられているため、飽きずに集中して勉強を続けられます。気分にムラがある子も、人に教わるのが苦手な子も、家で学習したいけれどやる気が起きない子も、すららの無料体験をしてみるとわかりやすさを実感できると思います。

「無学年式教材」で自分のペースが確保できる

引用:すらら

すららは、無学年式なので年齢や学年に沿った学習にこだわる必要はありません。もし小学5年生でも九九がわからなければ、小学2年生まで戻って学習ができます。問題文の意味がわからず、算数や理科、社会の問題が解けないのであれば、国語を小1の内容から極めて周りにゆっくり追いつくこともできます。

発達障害を持つ子どもの多くは、他の皆と同じ勉強内容を理解できません。大体は前の学年などに戻る必要があります。前学年までの内容を理解していることを前提で授業は進んでいきますから、ますますわからなくなり学校の授業を苦痛に感じ始めます。

すららの無学年式教材で自分がわからないところから勉強が再開できるのは、発達障害を持つ子どもにとってはとても気楽です。周りがいないので気になりませんし、ひとりだけ周りと違うことをしている意識がなくなるのはメリットです。気にする子は、4年生なのに2年生の内容をやっていることに罪悪感を感じたり、悔しくて涙したりするのですが、すららなら自宅学習ですから自分のペースが守れます

多くの塾では、学校で手を挙げられるように予習をします。そうすれば学校の成績が良くなるからです。しかし、発達障害を持つ子どもにとって、予習は困難を極めます。予習しようとしても、その単元で必要不可欠な知識を要していない場合が多いからです。その子の脳の発達の具合に合わせて学習していけば、学校成績は上がらなくともできることが確実に増えていきます。それをすららは後押ししてくれるわけです。

キャラクターを使った対話型のレクチャー

引用:すらら

すららの授業には、アニメキャラクターがいます。そして発達障害を持つ子どもが飽きないよう、常に対話式になるよう工夫されています。ただただ画面を見るだけでは頭に入ってこなくても、こちらに語り掛けてくれているので集中できるのです。完全に受け身の授業だとつまらないものですが、確認をしてくれたり、能動的な受け答えを促してくれたりすれば興味を持てます。

特に発達障害を持つ子どもにとって、アニメキャラクターが語り掛けてくれる教え方はわかりやすいものです。もちろん、楽しみながら勉強をしたい発達障害ではない子どもにもわかりやすくなっているため、ゆっくりじっくり勉強をしてみたい生徒におすすめです。

逆に、次々に問題を解いていきたい子や、地頭が良い子にとってはスキップしたい画面となるので、点数が良い子や成績が高い子は別教材の方が向いているかもしれません。

ドリル機能で学習内容をすぐに定着

引用:すらら

発達障害を持つ子どもは、学習内容を定着させることが苦手です。教えてもらってそのときは理解できたとしても、直後に忘れてしまうのでなかなか次のレベルに行けないのです。しかし、すららではドリル機能が付いているため、学んだことをその直後に復習して記憶の中に定着させます。

もしもドリルで解けない問題があった場合には、「つまずき診断」が作動。自動的になぜ解けなかったのか原因を探ってくれるため、復習に使えます。しかも、ドリルの難易度は生徒一人ひとりに応じて合わせてくれる機能が付いているため、難しすぎて自信を失ってしまうことや、簡単すぎてやる気をなくしてしまうことがありません。

私も塾講師として発達障害を持つ子どもに接していると、教えたその数秒後に内容を忘れてしまう生徒は多くいます。大げさだと思う方もいるかもしれませんが、本当です。ですから、週1で来ている生徒はその前の週に教えたことを繰り返すことが多くなり、保護者の方が求める予習がなかなかできなくなります。

ここで非常に大切なのは、インプットしてから忘れる前に即座にアウトプットすることです。特に小学生の場合、まだ暗記するということ自体よくわかっていません。理解していたとして、ただひたすら暗記する勉強はつまらないため頭によく入らないでしょう。だからこそ、習うより慣れよで、覚えたことをすぐ使ってみてその感覚を脳や身体に叩き込むことが大事なのです。すららは、覚えてすぐドリルという仕組みで定着度を上げているので、発達障害を持つ子どもにとっても最適と言えます。

テスト結果により個別カリキュラムを作成

すららには、テスト機能というものがあります。テスト機能は、テストの結果に応じて個別カリキュラムを作成してくれるものです。これにより、学習効率がかなり上がるので発達障害を持つ子どもも勉強の質を上げられます。

すららで受講できるテストは大きく分けて以下の3つです。

  • 学力診断テスト機能……できない問題のカリキュラムを提示してくれるテスト
  • 定期テスト機能……学校のテスト範囲を指定すると、それに応じた出題をしてくれる
  • 小テスト機能……10分程度のテストで、定着度を確認

学力診断テスト機能では、解けない問題に絞って苦手克服に特化した問題を出題してくれます。苦手分野があるとどうしてもその先でもつまずいてしまうため、早めにどんどん解いてわからない点をなくしていけます。

定期テスト機能はその名の通り、学校の定期テストに対応しています。中学校から利用できますね。テスト範囲は学校によって異なるため、テスト範囲を指定すればまだ習っていない問題を省くことができて便利です。

小テスト機能は、こまめに学習内容を振り返ることで定着率を上げていくものです。スモールステップになるため、一度に覚えることが減り子どもの負担が減ります。

通常、学校では小テストであっても返却されるのに時間がかかり、先生が評価を付けてから結果を見ることが多いですよね。定期テストなんて1週間くらいはかかります。そうなると、間違った問題を振り返って復習するまでのタイムラグが開きすぎるため、効率的な勉強ができません。発達障害を持つ子どもであれば、テスト内容を覚えていないことも多いため復習というよりは新規で学ぶ感覚になるでしょう。

すららは学校のテストで生じるこのようなデメリットを解消し、その場で状況に合ったテストができるように調整しています。普段の授業では小テストや学力診断テストを利用し、定期テストが近づいたら定期テスト機能を使うなど、使い分けができるとより効率的です。

テスト結果によって個別カリキュラムまで組んでくれるので、自分で勉強スケジュールを作るのが苦手な子にも最適です。スケジュールを作るだけで1時間以上かかっている場合は、その時間を勉強に回した方がよっぽど有益。作ってもらったカリキュラムに沿って、自分に一番合った勉強方法を試してみましょう。

現役の塾講師が学習設計をサポート

引用:すらら

すららはタブレット学習ですが、放置しっぱなしではなく、すららコーチという現役の塾講師が学習設計をサポートしてくれます。自宅で学習するタイプのものは、学習設計も自分でやらないといけないのだと思われがちですが、すららは手厚いサポートがあるので安心です。

例えば、定期テストが近づいていてテスト勉強をしなければならないとき、どこをどれだけどんな風に勉強したらいいかわからないという生徒は多いです。そんなとき、すららコーチは不安を聞いてくれたり、授業に追いつくまでにいつ何をどこまでやればいいか明確にしてくれます。どこを目指していけばいいか具体的にわかれば子どもは安心するので、すららコーチの存在は大きなものになるでしょう。

目標設定も一人ひとりに応じて作ってもらえるので、モチベーションを下げずに学習に取り組めます。塾に来る生徒も、勉強方法がわからない子は本当に多いなと感じるので、サポートがあるのはすららの評価すべき点だと思います。勉強そのものをガッツリ教える先生はいませんが、陰ながら応援してくれるコーチに頼れるのがすららです。

また、自宅で勉強していてわからないことがあったあら質問機能で聞けます。わからなければそのまま放置という学習方法にはなっていないので、自宅学習メインでも問題ありません。

タブレットさえあればどこでも学習可能

発達障害を持つ子どもは、集中力が切れて自宅では学習できなくなることもあります。そんなときは、タブレットを持って別の場所で勉強してみましょう。環境を少し変えるだけで、びっくりするほど集中できることもあります。

すららはタブレット学習なので、タブレットひとつ持っていけばどこでも学習ができます。おすすめの場所は図書館です。学習スペースがある図書館は多いでしょうから、そこでイヤホンを使って音を聞きながら勉強してみるのも良いでしょう。

ただし、同じ発達障害でも、いつもと環境が変わることによって余計に注意散漫になってしまう子もいます。一人ひとり適切な対応法は異なるので、小さいうちは親子でいろいろ試してみてその子にベストな方法を編み出すことをおすすめします。

高校生でも使えるすららですが、慣れてきたなら自分のお気に入りの場所で学習し始めるのも良いですね。カフェで勉強をする生徒も多いので、自分の好きな雰囲気のカフェですららを手に取るのも良いでしょう。

自宅の中でも、勉強する場所を自分の部屋と決めないで、たまにはリビングで家族の雑談や物音に囲まれながら学習してみるなどするのもおすすめです。受験本番は周りの鉛筆を走らせる音や咳払いなど、さまざまな音があるので、そういった環境と似た場所で勉強して集中力を高める方法も有効です。

発達障害の中でも、注意力が散漫になってしまうタイプの生徒は場所を変えるだけで勉強しやすくなる可能性が高いので、あらゆる場所を勉強できる場所としてみるべきです。固定観念があると勉強する場所は限られてしまいますが、自分の部屋以外でもタブレットを持っていけば勉強できる場所はたくさんあるはずです。

発達障害の子どもも楽しく続けられるすららにはさまざまな工夫が施されている!

発達障害の専門家による監修が入ったすららでは、発達障害を持つ子どもが勉強を続けやすいように工夫をいくつも重ねています。飽きがこないように対話式にしたり、キャラクターが語り掛けるようにして注意力を向けたり、学んだことをすぐにアウトプットできるような機能を加えたり、かなり考えられています。発達障害があっても楽しく勉強に向き合えるのがすららです。

ADHD/ASD/LSD/グレーゾーンの特性を活かした学習法

すららの口コミは「すららの口コミ・評判を徹底調査!」という記事で紹介しているので、より詳細を知りたい方は参考にどうぞ。

ABOUT ME
Avatar photo
かわさき
大学時代にイギリスに2度留学し、帰国後は塾講師として働き始めました。小1~高3までを教え、個別指導でそれぞれの生徒の個性を見極める大切さを学び、講師として成長していることを感じます。
東進オンライン学校小学部
さいごに:自宅で出来るライバルの一歩先をいく中学受験準備

さいごに1つだけ、自宅で出来るライバルの一歩先をいく中学受験準備情報をお伝えします。

中学受験が本格的に始まるのは小学4年生(小学3年生の2月)からですが、入塾時点で上のクラスを目指すためには低学年からの準備が欠かせません。

そうはいっても、習い事もやっているし毎週塾に行くのは大変という方も多いのではないでしょうか。

そんなご家庭に朗報です!

中学受験大手”四谷大塚”の名物講師の授業が「自宅で受けられるオンライン塾」があるんです!

東進オンライン学校小学部では、四谷大塚の教材を使った授業を自宅で受けられます。

しかも料金は月々たったの1,980円(税込2,178円)※小3以降は2,980円(税込3,278円)

ちなみに、四谷大塚の小学1年生クラスは13,200円なので圧倒的にお得です!

東進オンライン学校小学部はこんな人におすすめ
  • 低学年のうちから中学受験準備をしたい
  • 通塾は大変なので、自宅で学習したい
  • なるべく塾にかかる費用は抑えたい

さらに、14日間はお試し入会できるのでお子さんに合わなかったら即解約すれば全額返金されます。

まずは資料請求(無料)をして、詳細を確認しましょう!

\14日間おためし無料/
> 資料請求(無料)を申し込む
画面下の資料請求ボタンから申し込み

ちなみに、大半のお子さんは入塾時のクラスと小6のクラスは、あまり変わらないので入塾前の準備が重要です。(体験談)