家庭教師の個人契約

家庭教師を個人契約に持ち込む方法とリスク5選!

  • 家庭教師との個人契約に持ち込む方法は?
  • 家庭教師との個人契約のリスクは?

そんな皆さんのお悩みを解決します!

この記事では、家庭教師を個人契約に持ち込む方法やリスクについて「家庭教師経験5年以上のわたし」が紹介します。

家庭教師の個人契約を考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

医学部生限定家庭教師個人契約サイトPreceptorなら、現役医学部生と手軽に家庭教師の個人契約ができます。憧れの志望校のOBやOGに、家庭教師をお願いしてみませんか?
>>公式サイトで無料登録をする

家庭教師を個人契約に持ち込む方法は?

家庭教師の個人契約をするにはいくつか方法があります。

家庭教師の掲示板を使ったり、知り合いに家庭教師を紹介してもらったりして家庭教師を個人契約するのが一般的でしたが、最近では「家庭教師スマートレーダー」というサービスも登場しています。

これらの中から自分にあったサービスを利用して、家庭教師の個人契約をすることが大切になります。

どの方法が一番自分にあうのかわからない、という場合には、「家庭教師スマートレーダー」を使用するのがおすすめです。

なぜなら、家庭教師スマートレーダーに登録している家庭教師は、全て東京大学、京都大学、大阪大学など有名大学の学生で安心ですし、家庭教師の得意分野や不得意分野などもレーダーチャートで見れるからです。

実際に筆者が家庭教師センターなどを通じて家庭教師のお仕事をしていた際、親御さんが教師に求める条件は「国立大学生」「数学が得意な先生」など家庭教師スマートレーダーで網羅できているものが多かったです。

家庭教師を個人契約したいと考えているご家庭はそのような条件を満たす先生を探していることが多いのではないでしょうか。

自分にあった方法で家庭教師を個人契約に持ち込みましょう。

家庭教師スマートレーダーについて、詳細を確認したい方は「家庭教師スマートレーダーとは?料金・メリット・デメリットを徹底解説」をご覧ください。

家庭教師との個人契約のリスク

親が子どものために家庭教師を個人契約する際の5つのリスクを、実際に個人契約で家庭教師を行ったことのある筆者の視点からお伝えします。

  1. 家庭教師との契約書
  2. 家庭教師の交代
  3. 家庭教師が時間を守らない
  4. 家庭教師決定までに時間がかかる
  5. プロの家庭教師とは基本的に契約できない

リスク 1: 家庭教師との契約書

家庭教師の個人契約のときに家庭教師と契約書を交わさないで個人契約をしてしまうのはリスクです。

なぜなら、最初に教材費や交通費、月謝などの細かい取り決めをして書面に残しておかないと、後々トラブルになったときに証明するものがないからです。

実際、筆者が家庭教師として働いていたときも、ご家庭との事前の面談や子どもとの体験授業を行ったあと、口頭やメール、電話などでご家庭と個人契約をすることが多くありました。家庭教師の個人契約はある意味家庭と家庭教師との信用でなりたっています。

筆者は幸い良いご家庭との契約だったのでトラブルはありませんでしたが、教材を「家庭教師に選んでもらったが教材が高すぎた」「子どもに全然合わない教材を選ばれてしまった」などのトラブルが想定されます。

トラブル回避のためにも新しい事項などの追加があった場合には、家庭教師との間で必ず契約書を交わしましょう。

リスク 2: 家庭教師の交代

家庭教師との個人契約をしたとき、なかなか言い出しづらいのが家庭教師の交代です。

家庭教師センターなどの仲介会社を通じて家庭教師と契約を結んだ場合は、家庭教師を変更したい、と思った時に家庭教師センターなどに連絡をすれば、すぐに代わりの教師を見つけてくれます。そのため、別の教師への乗り換えをスムーズに行うことができます。

また、ご家庭の方から直接家庭教師に言い出し辛い場合は、家庭教師センターの方から上手い感じに家庭教師に契約終了の旨を伝えてもらえます。

しかし、個人契約の場合は家庭教師にご家庭の方から直接、契約を終了したい、交代したい、と申し出なければなりません。

なかなか言い出しにくい、という方も多いのではないでしょうか。

上手く言い出せずに契約の件で家庭教師とトラブルになってしまうことも考えられます。

このようなリスクを承知の上で、家庭教師の個人契約に臨んでください。

リスク 3: 家庭教師が時間を守らない

家庭教師の無料掲示板などを通じて家庭教師を個人契約に持ち込んだ場合、問題になりやすいのが家庭教師のマナーです。

なぜなら、個人契約の場合、家庭教師が授業開始時間に遅れてきたり、そもそも約束の日を忘れて来なかったり、突然来なくなってしまったりすることが起きやすいからです。

家庭教師センターなど仲介会社を通じて家庭教師の契約をした場合、家庭教師のマナーはそこまで悪くなりません。

家庭教師は仲介会社のルールに従わないと今後生徒を紹介してもらえなかったり、最悪の場合は給料が支払われなくなったりする可能性があるためです。

家庭教師の個人契約の場合は、あくまでも家庭教師と家庭との間での信用で時間ルールの遵守などを保っていくことになります。

時間を守らない、といったトラブルがあることを念頭に置いて、家庭教師の個人契約に持ち込みましょう。

リスク 4: 家庭教師決定までに時間がかかる

家庭教師センターなどを通さず自分で家庭教師を個人契約に持ち込む場合、家庭教師の掲示板やマッチングサービスなどを使って理想の家庭教師を探す必要があります。

しかし、親がこれらのサービスを使用して家庭教師を検索して、連絡して、体験授業をセットして、という工程を踏むため、やはり家庭教師センターなどを通じて家庭教師を紹介してもらう場合に比べると時間がかかってしまうことが想定されます。

時間がかかっても家庭教師センターを使うより自分たちで教師を探して、ベストな教師と個人契約をしたい、仲介手数料を浮かせたい場合は個人契約がおすすめになります。

時間をとるか自由をとるか天秤にかける必要が出てきます。

時間費用対効果も考慮した上で、家庭教師を個人契約に持ち込むべきかどうか検討しましょう。

リスク 5: プロの家庭教師とは基本的に契約できない

家庭教師を個人契約したいと考えたとき、一般的にプロの家庭教師と契約することは難しいです。

なぜなら、プロの家庭教師は家庭教師センターなどの家庭教師の派遣会社に登録していることが多いからです。

稀に家庭教師の無料掲示板などでプロ家庭教師と巡り会うことができることがありますが、可能性は極めて低いです。

また、無料掲示板の場合は経歴の偽りなども簡単にできてしまうので、本当にその登録教師がプロの家庭教師かどうかを親の眼で見極める必要があります。

したがって、子どもには学生家庭教師ではなくプロ家庭教師に指導してもらいたい、という家庭には個人契約はあまり向いていません。

家庭教師の個人契約では、プロの家庭教師とは基本的に契約できない点がリスクと認識しましょう。

まとめ

本記事では、家庭教師を個人契約に持ちこむ方法や、家庭教師の個人契約のときに考えるべき5つのリスクについて紹介いたしました。

家庭教師を個人契約に持ち込むには、

  • 家庭教師の掲示板を使う
  • 知り合いのつながりで家庭教師を紹介してもらう
  • 家庭教師スマートレーダーを使う

などの方法があります。自分にあった方法で家庭教師を個人契約に持ち込みましょう。

どれが合うかわからない場合は、「家庭教師スマートレーダー」を使ってみましょう。

家庭教師の個人契約のときには、

  1. 家庭教師との契約書
  2. 家庭教師の交代
  3. 家庭教師が時間を守らない
  4. 家庭教師決定までに時間がかかる
  5. プロの家庭教師とは基本的に契約できない

といった5つのリスクを抑えることが重要です。

家庭教師の個人契約の5つのリスクを抑えた上で、自分にあった方法で家庭教師の個人契約を行えば、不安やトラブルなく家庭教師を個人契約に持ち込むことができますよ。

家庭教師の個人契約については「家庭教師の個人契約のおすすめは?」という記事で詳細に説明しているので、家庭教師と個人契約を考えている方は参考にしてください。

ABOUT ME
Avatar photo
かわさき
大学時代にイギリスに2度留学し、帰国後は塾講師として働き始めました。小1~高3までを教え、個別指導でそれぞれの生徒の個性を見極める大切さを学び、講師として成長していることを感じます。
東進オンライン学校小学部
さいごに:自宅で出来るライバルの一歩先をいく中学受験準備

さいごに1つだけ、自宅で出来るライバルの一歩先をいく中学受験準備情報をお伝えします。

中学受験が本格的に始まるのは小学4年生(小学3年生の2月)からですが、入塾時点で上のクラスを目指すためには低学年からの準備が欠かせません。

そうはいっても、習い事もやっているし毎週塾に行くのは大変という方も多いのではないでしょうか。

そんなご家庭に朗報です!

中学受験大手”四谷大塚”の名物講師の授業が「自宅で受けられるオンライン塾」があるんです!

東進オンライン学校小学部では、四谷大塚の教材を使った授業を自宅で受けられます。

しかも料金は月々たったの1,980円(税込2,178円)※小3以降は2,980円(税込3,278円)

ちなみに、四谷大塚の小学1年生クラスは13,200円なので圧倒的にお得です!

東進オンライン学校小学部はこんな人におすすめ
  • 低学年のうちから中学受験準備をしたい
  • 通塾は大変なので、自宅で学習したい
  • なるべく塾にかかる費用は抑えたい

さらに、14日間はお試し入会できるのでお子さんに合わなかったら即解約すれば全額返金されます。

まずは資料請求(無料)をして、詳細を確認しましょう!

\14日間おためし無料/
> 資料請求(無料)を申し込む
画面下の資料請求ボタンから申し込み

ちなみに、大半のお子さんは入塾時のクラスと小6のクラスは、あまり変わらないので入塾前の準備が重要です。(体験談)