家庭教師のおすすめ

家庭教師のメリット・デメリットは?失敗しない方法を紹介!

家庭教師のメリットとデメリット、両方を知りたい!

この記事では、そんなお悩みを解決します。

結論からいうと、家庭教師のメリットは以下の通りです。

  • マンツーマンで生徒に合った教え方をしてもらえる
  • 効率的な勉強で時間が無駄にならない
  • 家庭教師センターからサポートが受けられる

逆に、家庭教師のデメリットは以下の通りです。

  • マンツーマンのため費用が高い
  • 学生の場合、熱意に差がある
  • 生徒が問題を解いている間、家庭教師が手持ち無沙汰になる

当サイトのおすすめ家庭教師は「家庭教師のおすすめランキングTOP10」という記事で紹介しているので、興味がある方は参考にどうぞ。

家庭教師のメリットとは?

ではまずは、家庭教師のメリットについて、より深く掘り下げていきましょう。集団塾や個別指導塾とは違うメリットとはどのような点になるのでしょうか。

マンツーマンで生徒に合った教え方をしてもらえる

家庭教師の場合、生徒とマンツーマンで授業を行うため、その生徒に合った教え方をしてもらえる点は大きなメリットです。ある特定の教え方をしたら日本中の学生が理解できるような授業があるなら、今頃皆その一社のサービスに登録するでしょう。しかし、そんなことが起きていないということは、現状はその子に合ったスタイルで教えることが重要なのだと考えられています。

集団塾の場合、学校と同じで学力がバラバラな生徒に向かって一斉に教えるため、個々に合った教え方ができません。しかし、家庭教師の場合は生徒の学習進度や理解度、定着具合、性格など、あらゆる点からのアプローチが可能です。生徒一人一人を見て教えることができるため、生徒は「学習しやすい」、「自分のペースで進められる」とポジティブな印象を持ちます。家庭教師の方も、一度生徒の個性をつかんだら教え方が定着するので教えやすいと感じます。

わからないところがあった時、皆の前で手を挙げて質問をするのも勇気が要ることです、しかし、家庭教師と二人だけの空間なら、疑問に思うことがあった時点で質問できる環境が整っています。恥ずかしがり屋な子、他人と競争するのが苦手な子にとっては、家庭教師は頼れる良き存在になります。

効率的な勉強で時間が無駄にならない

家庭教師のメリットは、時間を効率的に使えて無駄にならないことです。例えば集団塾なら、自分のペースで勉強を教えてもらうことはできず、皆のペースで授業が進むことになります。また、個別指導塾でも、その塾専用の教材を使って学習の進め方が決まっていることもあります。となると、家庭教師はお子様専属の先生であり、お子様のわからないところのみを教えたり、志望校に特化した授業のみを受けられるメリットがあります。

集団塾を嫌う子は、時間がもったいないと言うこともあります。既に理解しているところを教えられるのは退屈ですし、逆にわからないところをサクッと飛ばされたら理解ができないからです。このようなお子様には家庭教師は向いています。最初は家に先生が来ることに多少の抵抗があるかもしれませんが、無料体験ができるなら一度やってみてください。どのような感じで授業が進むのか、その感覚さえつかめればお子様も安心します。

特に受験は時間が限られているので、受験までにどれだけ効率的に勉強を進められるかが大事です。家庭教師は勉強を教えるだけでなく、受験日から逆算して今すべきことをスケジューリングしてくれることもあります。もし個人契約の家庭教師を雇うなら、勉強を教える以外に何をしてくれるかをよく確認してから契約するようにしましょう。

家庭教師センターからサポートが受けられる

もし、家庭教師を家庭教師センターから雇ったなら、家庭教師センターから様々なサポートが受けられます。例えば、生徒と家庭教師との相性が良くなるよう、最初は家に家庭教師センターから社員が来て聞き取り調査を行う場合もあります。ここで生徒の成績や個性を知り、ぴったりの家庭教師を紹介してくれます。

また、受験勉強に特化したオリジナル教材を提供してくれることもあります。教材費はかかってしまいますが、適切な教材選びの仕方がわからない場合には頼りになります。家庭教師も教材のことは熟知していますから教えやすく、生徒にとってはわかりやすいといったメリットが生まれます。

家庭教師本人と契約を交わしているわけではなく、家庭教師センターという仲介役がいてくれることで、家庭教師に言いにくいことも家庭教師センターに報告できる点は保護者の方に嬉しい点です。万が一お子様と家庭教師との相性が悪いようなら、担当替えを希望することもできます。このようなサポートは、個人契約ではできないことです。

家庭教師のデメリットとは?

では、家庭教師のデメリットには何があるのでしょうか。効率的に勉強できて良いことばかりとも限らないことを知っておきましょう。

マンツーマンのため費用が高い

保護者の方にとっては、マンツーマン指導のため家庭教師の費用が高くなることがデメリットとなります。安い順で言うと、集団塾、個別指導塾、そして家庭教師という順番になります。もちろんどの塾かによって差はありますが、一般的に一人の先生が大人数を教えるなら人件費が安く済みますから、集団塾が最も安くなるわけです。

家庭教師センターから家庭教師を派遣してもらう方法だと、週1にしても月謝は大手だと5万円するところもあります。優秀な講師だとそれだけの価値があるからです。そこまでの予算は出せないというのであれば、個人契約の家庭教師のうち安価な値段を提供してくれる人を探す方法がおすすめです。

学生の場合、熱意に差がある

家庭教師センターには学生も登録できますが、熱意に差があることも家庭教師のデメリットになります。社員であれば仕事に責任を持たなければ最悪クビもかかってくるので熱意を持っている人が多いのですが、学生はアルバイト感覚でいるため熱意がない場合もあります。

こなさなければならないノルマがあるわけではなく、一定時間が過ぎればお給料がもらえる家庭教師なら、適当に教えて生徒の機嫌を取ればいいと考えている学生もいます。特に、保護者の方が家庭教師を手配した場合で、お子様が勉強を希望していない場合、家庭教師と雑談に興じて楽しいと感じていることがあるので注意しましょう。その「楽しい」は勉強が楽しいのではなく、熱意のない家庭教師とのおしゃべりが「楽しい」だけなので成績は伸びません。

生徒が問題を解いている間、家庭教師が手持ち無沙汰になる

生徒にとっては効率的な勉強ができても、家庭教師は生徒が問題を解いている間手持ち無沙汰になる点はデメリットです。ただ家庭教師が暇になっているだけならそこまで問題は大きくありませんが、その時間にも料金が発生していることを考えれば保護者の方としては厄介ではないでしょうか。

最も効率的な教え方は、先生と生徒が1:2で教えることです。よほど手がかからない生徒でない限り、一方に勉強を教えている間、もう一方が演習をしているスタイルだと先生はフル回転します。教えていた生徒が演習に入ったタイミングで、今度は演習が終わった生徒に解説をすることを繰り返します。家庭教師はこれができないため、料金のことを考えると少しもったいない気もするかもしれませんね。

家庭教師は効率の良い勉強ができるが費用が高い!

家庭教師は、集団塾や個別指導塾に比べて効率の良い勉強ができる点はメリットです。しかし、マンツーマンで指導に当たってくれる分費用が高いことはネック・・・。ただ、負担は保護者の方にかかってくるのであって、お子様にとってはそこまでのデメリットがない点は家庭教師の魅力だと言えるでしょう。

当サイトのおすすめ家庭教師は「家庭教師のおすすめランキングTOP10」という記事で紹介しているので、興味がある方は参考にどうぞ。

ABOUT ME
Avatar photo
かわさき
大学時代にイギリスに2度留学し、帰国後は塾講師として働き始めました。小1~高3までを教え、個別指導でそれぞれの生徒の個性を見極める大切さを学び、講師として成長していることを感じます。
東進オンライン学校小学部
さいごに:成績の悩みを相談するなら…。

中学受験には成績の悩みがつきものです。

我が家でも、塾や家庭教師や個別指導塾など、いろいろな所に学習相談をしました。

色々なところと比較すると、個別指導塾「SS-1」の学習指導が抜きん出ていました。

  • 抽象的な解決策ではなく、具体的な対策を指示してくれる
  • テストの答案や問題用紙への書込み具合まで確認した上で、提案してくれる

 

短期間で塾の成績を上げたい方は、公式サイトで詳細をご覧ください。

\学習相談(無料)受付中/
SS-1の公式サイトを見る

\家庭教師を利用して3年以上の当サイト管理人が徹底調査/
\当サイト管理人が徹底調査/