<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

家庭教師のおすすめ

家庭教師への月謝の渡し方は?手渡し?振り込み?クレジットカード?

家庭教師への月謝はどう渡せばいいの…?

この記事では、そんなお悩みを解決します!

家庭教師センターから家庭教師を雇うなら、銀行振り込みが一般的です。個人契約の場合は、ほとんどが現金手渡しです。

なぜ月謝の渡し方が異なるのか、どの方法が適切なのかを見ていきましょう!

当サイトのおすすめ家庭教師は「家庭教師のおすすめランキング」という記事で紹介しているので、興味がある方は参考にどうぞ。

家庭教師センターで家庭教師を雇った場合

家庭教師センターで家庭教師を雇った場合は、月謝は振り込みが一般的です。

家庭教師センターから請求書が届いて銀行振り込みをする方法と、指定の銀行口座から家庭教師センターへ自動で引き落とされる方法の2種類があります。一度家庭教師センターへ行ったお金は、そこからさらに家庭教師の指定銀行口座へ振り込まれるという流れです。

家庭教師センターの良いところは、支払い方法が始めから決まっているため迷わないことですね。そして自動で引き落とされるシステムなら、支払いを忘れていても銀行口座にお金さえ入っていれば放っておいても心配いりません。

また、個人契約は契約内容を後で決めることになりますが、家庭教師センターから家庭教師を雇うなら、支払い方以外にも既にルールが明確になっています。契約前にそれを見て納得できるか考える時間が得られるのもメリットでしょう。

一方、交通費に関しては家庭教師センターへ送らず、家庭教師に直接手渡しするのが一般的となっています。もし、公共交通機関などを利用して家庭教師が家に来てくれるのであれば、往復でいくらかかるのかを事前に聞いておきましょう。

家庭教師と個人契約をした場合

家庭教師はとは個人契約を結ぶこともできるのですが、この場合は都度渡すご家庭もあれば、月末にまとめて渡すご家庭もあります。

多くの場合は月末にまとめて手渡しをするので、メジャーな方が良いのであれば支払日を忘れないようにしてスケジュール帳にメモしておきましょう。どちらが良いというわけではありませんが、家庭教師側としては、大学生など学生の場合はお金がないこともあるため、都度もらえればありがたいと感じることもあるそうです。

手渡しをする場合、最も多く、最も礼儀正しいのは、お金を封筒に入れて渡す方法です。キャッシュレス社会と言われ、なかなか現金を人に渡すことがなくなった今となっては少々違和感がある支払方法かもしれません。しかし、個人契約ならこの方法がメジャーであるため、家庭教師にびっくりされないよう一番スタンダードな支払い方をすることをおすすめします。

ただ、個人契約ですから家庭教師とご家庭の双方が納得すれば、手渡し以外の方法で月謝を支払うこともできます。例えば銀行振り込みの場合は履歴が残るので確実性があります。しかし、その一方で振込手数料がご家庭の負担になるため、家庭教師側からは提案しにくい支払い方になっています。

希望する支払方法があれば家庭教師に相談しながら決められる点は、家庭教師センターのように決まったやり方を好まないご家庭にとってありがたいことですね。ただ、相手が大学生だとお金の流れにうとい場合もあるので注意が必要です。銀行振り込みなどにしたい場合には、ご家庭側が主体となって決めていく場合もあります。

家庭教師の個人契約については「家庭教師の個人契約のおすすめは?」という記事で詳細に説明しているので、家庭教師と個人契約を考えている方は参考にしてください。

家庭教師への月謝の渡し方は家庭教師センターと個人契約とで異なる!

家庭教師に月謝を渡す場合、家庭教師センターから雇った場合はほとんどの場合銀行振り込みとなります。一方、個人契約の場合は手渡しにする場合がほとんどです。ただし、交通費は月末、あるいはその都度手渡しするのが一般的です。個人契約でも家庭教師と相談して銀行振り込みにすることはできますが、振込手数料がかかるためそれを許容できるかが問題になってくるでしょう。

当サイトのおすすめ家庭教師は「家庭教師のおすすめランキング」という記事で紹介しているので、興味がある方は参考にどうぞ。

ABOUT ME
アバター画像
かわさき
大学時代にイギリスに2度留学し、帰国後は塾講師として働き始めました。小1~高3までを教え、個別指導でそれぞれの生徒の個性を見極める大切さを学び、講師として成長していることを感じます。
東進オンライン学校小学部
さいごに:志望校との偏差値が5以上離れていたら…。

中学受験で成績を上げていくのは、学年が上がるほど大変になってきます。

子どもなりに一生懸命に学習していても、思うような結果がでないこともしょっちゅうあります。

もし志望校との偏差値が5以上離れていて、このまま成績が上がっていくイメージがわかないのであれば、個別指導や家庭教師を利用しましょう。

じつは、中学受験をされているご家庭の39%が個別指導塾や家庭教師を利用しています。

そして、個別指導塾や家庭教師を利用したご家庭のうち35%は偏差値が5以上アップしています。

中学受験生300人調査結果:https://ejuku.org/2023-chujuken-reserch/

 

我が家では家庭教師を利用していましたが、苦手な国語の偏差値が12アップし第1志望校に合格できました

お住まいの地域に合わせて個別指導塾と家庭教師のおすすめを紹介するので、気になる方は資料請求してみてください。

おすすめの個別指導塾

おすすめの家庭教師