<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

家庭教師のおすすめ

家庭教師の教え方はどんな感じ?テキストは必要?塾と併用すべき?

家庭教師の教え方や、塾と併用すべきかどうかがわからない…。

この記事では、そんなお悩みを解決します!

家庭教師の教え方は、基本的に生徒や保護者の方のご要望に沿った形となるので、決まった形がありません。

また、テキストは家庭教師センターから雇うなら教材が用意されていることがありますが、個人契約の場合は今あるもので授業をしてくれることもあります。

受験勉強をする場合は、塾と家庭教師を併用する家庭は多いです。特に、塾だけでは志望校合格が厳しいと言う場合に、家庭教師を利用したことで成績がアップしたお子さんは多いです。

以下で、もう少し詳しい内容を見ていきます!

当サイトのおすすめ家庭教師は「家庭教師のおすすめランキング」という記事で紹介しているので、興味がある方は参考にどうぞ。

家庭教師の教え方

まずは、家庭教師がどのように授業をするのかを知っておきましょう。上記でも述べたように、家庭教師には決まった教え方がありません。家庭教師センターによっては、教え方を統一して誰が教えても授業の質が同じになるように指導するところもあります。しかし、最終的には生徒の個性や能力に合わせなければ教えられないわけですから、教え方のベースはあってもそこからのアレンジは人によります。

学校の定期テストの点数を伸ばしたいなら、忘れているところから復習するスタイルの人もいます。一方で、受験勉強をするなら先取り学習を進めて勉強の基礎となる土台をしっかりさせる人もいます。前者と後者だと、要望に合わせた教え方をしなくてはいけないため教え方だけでなく仕様するテキストも変わってくるでしょう。

生徒のやる気を引き出す方法も家庭教師によりけりなので、子どもに先生に好き嫌いができます。勉強の教え方に正解はないため、具体的な指導方法が知りたいなら体験授業の時に保護者の方は後ろで静かに見学してみてください。講師が一度で生徒の個性を把握できなくても、保護者の方が家庭教師の性格を垣間見て、雇うかどうか決めることはできます。

テキストをご家庭で用意するなら

テキストに関しては、もし用意するなら志望校の過去問や、子どもが苦手としているところや克服したいと思っているところの問題集がおすすめです。参考書は学校のものを使い、ワークは書き込みしても良い市販のものを買うと良いでしょう。学校で使っているものでも十分使えるものがあれば、一度家庭教師に見せて意見を聞くのが確かです。

家庭教師センターから家庭教師を雇う場合は、テキストの準備が必要かどうか連絡があります。教材費として料金がかかるなら、テキストは自分たちで用意する必要がないということです。個人契約の家庭教師の場合は、これから使っていくテキストについても相談できるので積極的に声をかけてみましょう。頼れる家庭教師なら用意してくれるかもしれません。

塾との併用がおすすめなケースは?

受験勉強をする場合、塾の勉強を補うために家庭教師を利用するケースがあります。

その場合、あくまでメインは塾でサブが家庭教師となります。塾のカリキュラムやスケジュールに沿って進めていき、勉強のわからない点や苦手な教科について家庭教師を利用するのが一般的です。

注意が必要なのは、塾の先生と家庭教師とで教え方が異なる場合です。特に経験が浅い講師の場合、塾のやり方を把握しておらず違った解き方を教えてしまう場合があります。

特に受験の問題にどう立ち向かいかといった解き方については、教え方が異なると生徒は混乱してしまいます。ひとつの解き方を磨き上げた方が効率が良いで、より高い得点を獲得することができるでしょう。

家庭教師を利用するなら、お子さんが通っている塾のカリキュラムや教え方を熟知している講師にしましょう。

家庭教師ごとに異なる教え方で生徒の能力を引き上げる!

家庭教師の勉強の教え方は担当する生徒によって変わります。統一された教え方だけで生徒の成績が上がるなら、今、そのたったひとつの教え方だけしか世の中に残っていないはずです。生徒に応じてどのように授業をするのか、保護者の方はぜひ体験授業を見学してみてください。

当サイトのおすすめ家庭教師は「家庭教師のおすすめランキング」という記事で紹介しているので、興味がある方は参考にどうぞ。

ABOUT ME
アバター画像
かわさき
大学時代にイギリスに2度留学し、帰国後は塾講師として働き始めました。小1~高3までを教え、個別指導でそれぞれの生徒の個性を見極める大切さを学び、講師として成長していることを感じます。
東進オンライン学校小学部
さいごに:志望校との偏差値が5以上離れていたら…。

中学受験で成績を上げていくのは、学年が上がるほど大変になってきます。

子どもなりに一生懸命に学習していても、思うような結果がでないこともしょっちゅうあります。

もし志望校との偏差値が5以上離れていて、このまま成績が上がっていくイメージがわかないのであれば、個別指導や家庭教師を利用しましょう。

じつは、中学受験をされているご家庭の39%が個別指導塾や家庭教師を利用しています。

そして、個別指導塾や家庭教師を利用したご家庭のうち35%は偏差値が5以上アップしています。

中学受験生300人調査結果:https://ejuku.org/2023-chujuken-reserch/

 

我が家では家庭教師を利用していましたが、苦手な国語の偏差値が12アップし第1志望校に合格できました

お住まいの地域に合わせて個別指導塾と家庭教師のおすすめを紹介するので、気になる方は資料請求してみてください。

おすすめの個別指導塾

おすすめの家庭教師