ニュース

【感想】開成中学・開成高校_THE名門校 日本全国すごい学校名鑑(2020年4月19日放送)

【感想】開成中学・開成高校_THE名門校 日本全国すごい学校名鑑(2020年4月19日放送)

こんにちは、しろくまです。

楽しく学ぶをモットーに、学習に役立つ情報を提供しています。

今回は、
BSテレ東のTHE名門校 日本全国すごい学校名鑑(2020年4月19日放送で取り上げられた、
開成中学校・高等学校についての感想を紹介したいと思います。

開成の印象に残ったポイント
  1. 憧れの先輩が東大行くから俺もやるか
  2. 異性と触れ合いたいのであれば塾に行けばいい
  3. 息子が開成に行ったのはたった2人
しろくま
しろくま
東大合格者数39年間連続1位ってすごいな

はじめに:開成中学校について

去年、開成の文化祭に家族で行きました。
どの有名男子校も同じですが、女の子がとても多かったです
そして、受験生と思われる小学生達もメチャクチャ多い

目玉となっている催物(脱出ゲームや謎解き)は、早々と整理券がなくなったり、開成饅頭のような人気商品もあっという間になくなっていました。

生徒の印象も、いわゆるガリ勉タイプよりも、カッコいい子やスポーツも出来そうな子が多い印象でした。

しろくま
しろくま
みんな礼儀正しくて、とても好感がもてたよ

開成の印象に残ったポイント

憧れの先輩が東大行くから俺もやるか

実は世間のイメージとは違い、体育会系気質である開成高校。先輩の面倒見が良いというのも大きな特徴で、新入生には、先輩が兄貴分のように色々教えてくれるという。すると、後輩は先輩に憧れて真似をしたくなり、先輩が東大に合格すると「自分も!」と意思を固める後輩が続出するという流れがあるそうだ。「生徒たちはみんな”天邪鬼”ですから。先生が”勉強しろ”とか”東大行け”とか言うと、途端に受験数が減ります」と柳沢前校長。
出典元:東大合格者数39年連続日本一! 開成高校前校長が語る「”歩き単語帳”で生徒同士がぶつかる…というようなイメージで入学されると、非常に困る

中学入試や高校入試の段階で、同世代のトップクラスの子どもを集めているので、
勉強に対する『やる気』さえ持てば、後は勝手に生徒同士が触発しあって、東大を目指す。
このトップクラスに出来る子しかいない、という環境が最大の特徴だと感じました。

色々な説明を聞いていても、『自由な校風』については語られていますが、
他の学校のように
「〇〇な最先端授業を行っている」 とか
「外国人教員が〇〇人いる」 のように
授業内容には触れられていないことが多いです。

しろくま
しろくま
文化祭でも先輩が後輩に対して、丁寧にやり方を教えていたよ

開成を含む男子御三家のオンライン授業への対応状況については、【首都圏】オンライン授業を開始している私立中学校を調べてみましたをご覧ください。

【首都圏】オンライン授業を開始している私立中学校を調べてみました
【首都圏】オンライン授業を開始している私立中学校を調べてみました2020年4月時点でオンライン授業を開始している私立中学校を調べてみました。これらの学校は、コロナ渦下で直ぐにオンライン授業を開始できた学校なので、ICT教育がかなり進んでいる学校と言えます。...

異性と触れ合いたいのであれば塾に行けばいい

Q.異性の女の子と触れ合う機会もあった方がいいのでは?

A.そういう時は塾に行けばいいんですよ!
出典:THE名門校 日本全国すごい学校名鑑4月19日(日)放送分

学校も塾を認めている、という事が伺えるコメントでした。
開成生の4割弱が鉄緑会が通っているという事は周知の事実なので、学校と塾の補完関係が成り立っているんでしょう。

これも、開成が東大合格を目指している学校ではない
という特徴が表れていると感じました。

しろくま
しろくま
開成生にとって、塾は出会いの場

息子が開成に行ったのはたった2人

先生.私の同級生350人いて、息子が開成いったのは2人だけです

出典:THE名門校 日本全国すごい学校名鑑4月19日(日)放送分

これをどう捉えるかですが、単純に勉強をさせまくったとしても、合格するのが難しい学校だと感じました。
例えば、慶應であれば家族全員慶應とか、代々慶應という一家は多いと思います。
一方で、350人中2人というのは非常に少ない人数だと感じます。

中学受験の場合は、特に早熟の子の方が有利である、という事情もありますが、もともと素養がないと難しいのでしょう。

しろくま
しろくま
気軽に目指せる学校じゃないな

まとめ:THE名門校 開成中学・開成高校の紹介でした

今回は、
BSテレ東で4月19日の
THE名門校 日本全国すごい学校名鑑で取り上げられた、
開成中学校・高等学校についての感想を紹介しました。

開成の印象に残ったポイント
  1. 憧れの先輩が東大行くから俺もやるか
  2. 異性と触れ合いたいのであれば塾に行けばいい
  3. 息子が開成に行ったのはたった2人

開成について知れば知るほど、漫画の「帝一の国」世界のようだなと感じます。

頭の良さがベースにあって、自由に好きなことをやる。
優秀な同級生や先輩との絆が、一生続いていく。
とても魅力的で、気になる学校です。
(相当な覚悟を持って受験に臨まないといけない学校ですが。。)

しろくま
しろくま
校舎も新しくなるし、ますます人気が出そう

持ち偏差値が志望校に届いていなかったら、家庭教師も検討してみるのもよいかもしれません。我が家は、小6から家庭教師をお願いしました。

【中学受験】家庭教師を利用して偏差値12アップした合格体験談
【中学受験】家庭教師を利用して偏差値12アップした合格体験談塾に通って、勉強も毎日しているのに成績が上がらなくて困っている中学受験生は多いと思います。そんな中学受験生に向けて、家庭教師を利用して偏差値を大幅アップさせ第1志望校に逆転合格させた体験談を紹介します。...
さいごに:中学受験が気になったら読む本

さいごに1つだけ、いまだけの無料プレゼント情報の宣伝です。
Z会が発行している小冊子で「中学受験が気になったら読む本」というものがあります。
この小冊子では、中学受験に関する基本的なことがらがギュッとつめられた内容になっています。

Z会無料プレゼントの内容
  • 「受験するかしないか」を決める際にまず考えてみるべきこと
  • 合格に向けたスケジュール
  • 志望校選びのポイント
  • 学習法の選択
  • 合格体験談

ぼくも実際に読んでみて、もっと早くに知っておけば良かったという内容が多かったです。
「中学受験が気になったら読む本」は、Z会の資料請求をすることでもらうことができます。
数量限定なので無くなっていたらごめんなさい。

\いまだけ数量限定で無料受付中!/
Z会無料プレゼントの申し込みはこちら