家庭教師のおすすめ

家庭教師の利用頻度は?利用パターン毎に最適な頻度を紹介!

家庭教師には週に何回来てもらうべき…?

この記事では、そんなお悩みを解決します!

家庭教師の利用頻度は、利用パターン毎に最適な頻度が決まっています

  • 学校のサポート…週1
  • 受験勉強…週2

では、それぞれのパターンの最適な頻度についてもう少し深堀していきましょう。

当サイトのおすすめ家庭教師は「家庭教師のおすすめランキングTOP10」という記事で紹介しているので、興味がある方は参考にどうぞ。

学校のサポートなら週1が最適な頻度

家庭教師に子どもの学校の勉強サポートをしてもらいたいのであれば、週1で来てもらうのが適切な頻度です。

1科目を週1で勉強するという意味なので、2科目を望むのであれば週2になります。多くの場合は、継続して勉強していかないと勉強についていけなくなる英語と数学を希望します。

なぜ学校のサポートは1科目につき週1での利用頻度が良いのかというと、子どもが忘れたころに復習するのに最適な頻度だからです。家庭教師に勉強を教えてもらい、宿題をやるとしましょう。そして1週間後、その知識が定着しているかを見ると、忘れたころにおさらいができてより内容が頭に残りやすくなります。

学んですぐに復習をするよりも、こうして一定期間間を空けて復習した方が効率的です。そのため、多くの塾も週1で通うことを推奨し、2科目なら週2というコースを用意しています。

儲かるのなら週3や週4でも家庭教師にとっては良いのですが、どんどん先に進める分、忘れていく内容量も多くなるので復習に時間を取られてしまいます。結果として、成績を上げる頻度にふさわしくなく、非効率的な教え方をしてしまっていることになります。

子どもとしても、月曜日は英語、金曜日は数学と、決まった曜日に決まった科目を勉強するという意識づけができます。よって、学校のサポートなら基本的には週1で1科目を学ぶのが理想です。

受験勉強なら週2が最適な利用頻度

家庭教師に受験サポートをしてもらいたいのであれば、週2で1科目を学習する頻度が理想的です。

受験の場合は、学校のサポートと違ってもっと効率的に素早く勉強を進めていかなくては間に合わないことが多くあります。家庭教師が来て勉強を教えてもらう時には先取り学習をし、復習は自分だけで行うスタイルがメジャーです。

週1だけでは入試に合格できるだけの知識と経験値を蓄えるには不十分であることがほとんどなので、週2にして気合いを入れていきます。よほど早い時期から受験勉強をしていたり、わからないことが少なく自分でどんどん進めていけるなら、例外として週1でも構いません。ただ、基本的には教えてもらう頻度は週2がベストです。

1科目につき週2の利用頻度だと、2科目を見てもらうと思うと週4になりますよね。生徒がこれを嫌がるようであれば、家庭教師には週2で来てもらい、2科目を連続して教えてもらうという方法も取れます。最初に生徒が好きな科目を学習し、休憩を挟んで次の科目を教えてもらうようにすると生徒の抵抗が少なくなります。

比較的柔軟に対応してもらえるのが家庭教師の良いところなので、子どもの得意科目は週1にし、もうひとつの科目は週2、合計週3の頻度で利用するなどのアレンジも可能です。家庭教師がいなくても自分で勉強する習慣がついていなければ難しいこともありますが、不安なら家庭教師に学習の習慣づけをお願いしましょう。

家庭教師の利用頻度は学校のサポートか受験サポートかで異なる!

家庭教師の利用頻度は、学校のサポートなら週1、受験サポートなら週2がベストです。科目が増えればその分利用頻度は増えますが、子どもがひとりでも勉強できる得意科目なら少な目に設定しても良いでしょう。利用パターンによって変わる適切な利用頻度を意識し、効率的に学習できる環境を作ってあげられるといいですね。

当サイトのおすすめ家庭教師は「家庭教師のおすすめランキングTOP10」という記事で紹介しているので、興味がある方は参考にどうぞ。

ABOUT ME
Avatar photo
かわさき
大学時代にイギリスに2度留学し、帰国後は塾講師として働き始めました。小1~高3までを教え、個別指導でそれぞれの生徒の個性を見極める大切さを学び、講師として成長していることを感じます。
東進オンライン学校小学部
さいごに:成績の悩みを相談するなら…。

中学受験には成績の悩みがつきものです。

我が家でも、塾や家庭教師や個別指導塾など、いろいろな所に学習相談をしました。

色々なところと比較すると、個別指導塾「SS-1」の学習指導が抜きん出ていました。

  • 抽象的な解決策ではなく、具体的な対策を指示してくれる
  • テストの答案や問題用紙への書込み具合まで確認した上で、提案してくれる

 

短期間で塾の成績を上げたい方は、公式サイトで詳細をご覧ください。

\学習相談(無料)受付中/
SS-1の公式サイトを見る

\家庭教師を利用して3年以上の当サイト管理人が徹底調査/
\当サイト管理人が徹底調査/