MENU
学校情報を知りたい

神奈川県の英語教育が充実している私立中学校8選(共学校)

神奈川県の英語教育が充実 している私立中学校8選 (共学校)
中学受験生の親
中学受験生の親
英語教育が充実している中学校に通わせたいけど、どの学校がいいかな?

こんな悩みを解決します!

神奈川県の英語教育が充実している中学校(共学校)を調べました。各学校の英語教育の特徴や偏差値情報も載せているので、志望校選びの参考にしてください。

各学校の英語教育については、以下のポイントで調査をしています。

  • 英語の授業数
  • 海外留学制度の有無
  • 英語教育の特徴

英語教育が充実している中学校を探している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

本記事で紹介している学校

  1. 神奈川大学附属中学校
  2. 中央大学附属横浜中学校
  3. 公文国際学園中等部
  4. 山手学院中学校
  5. 森村学園中等部
  6. 関東学院中学校
  7. 自修館中等教育学校
  8. アレセイア湘南中学校

※偏差値は四谷大塚の80偏差値を使用しています。(ただし、アレセイア湘南中学校の偏差値は中学受験パスナビの80偏差値を使用しています)

神奈川大学附属中学校

神奈川大学附属中学校参照元:シリタス

学校情報

種別 共学校
場所 神奈川県横浜市
偏差値 男子(58) 女子(60)
進学実績 東京大学2人、京都大学1人、北海道大学2人、東北大学2人、早稲田大学43人、慶應義塾大学13人、明治大学82人、中央大学56人、法政大学41人、神奈川大学28人

英語教育の情報

英語の授業数 週6コマ(中1・中2)、週7コマ(中3)
海外留学制度の有無
  • 英国語学研修(希望者のみ。中3・高1。2週間。ヨークまたはリバプール。ホームステイ体験。インターナショナルクラスに所属して行われる語学研修)
  • 英国・イタリア海外研修(希望者のみ。高1。2週間。テーマはルネッサンスについての学習。まず、フィレンツェ・ローマなどで芸術のエッセンスを体感。英国オックスフォードではホームステイし、カレッジで語学研修)
  • ベトナム・カンボジア研修(希望者のみ。高1。ベトナムではハノイとホーチミンを訪問。国際協力・現地日本企業について、レクチャーを受ける。カンボジアではアンコールワットを訪問)

英語教育の特徴

  • 中1~高1の4年間は、ネイティブ教員による英会話の授業で、スピーキング・リスニングの力を身につける。高2・高3の2年間は、ネイティブ・日本人教員のチームティーチングによる英作文の授業を受ける
  • 英語専用のe-ラーニング教材「College Pathway」あり。自習用の教材で、自宅で、英語の授業内容を繰り返して定着を図ることができる

中央大学附属横浜中学校

学校情報

種別 共学校
場所 神奈川県横浜市
偏差値 男子(56) 女子(58)
進学実績 大阪大学1人、名古屋大学1人、横浜国立大学13人、早稲田大学18人、慶應義塾大学15人、上智大学15人、明治大学28人、立教大学21人、中央大学226人

英語教育の情報

英語の授業数 週5コマ(中1)、週6コマ(中2・中3)
海外留学制度の有無
  • 中2 ニュージーランド短期研修(希望者のみ。10日間。ホームステイをしながら、現地提携校で語学研修を実施)
  • 高1 カナダ研修(希望者のみ。ブリティッシュコロンビア大学の寮に滞在し、24時間のESL授業研修を実施)
  • 高校 ターム留学(高1・高2で規定の成績を収めた生徒を対象に、3学期に実施する短期留学)

英語教育の特徴

  • 1回ネイティブ教員による英会話の授業あり
  • 英語科が主体となって行われる行事が多数。附属校合同のレシテーション・スピーチコンテスト、林間学校で実施するイングリッシュキャンプなど
  • 高2全員が参加する「シンガポール研修旅行」あり。世界経済を動かす金融センターや日系企業見学などを行い見識を深める

公文国際学園中等部

学校情報

種別 共学校
場所 神奈川県横浜市
偏差値 男子(52) 女子(54)
進学実績 東京大学3人、北海道大学2人、東北大学3人、筑波大学5人、早稲田大学46人、慶應義塾大学32人、明治大学32人、青山学院大学34人、立教大学38人

英語教育の情報

英語の授業数 週10コマ
海外留学制度の有無 オーストラリア・カナダ語学研修(希望者のみ。行き先は、オーストラリアのゴールドコースト、またはカナダのバンクーバー。ホームステイしながら、公立学校や語学学校に通い、語学研修に参加する)

英語教育の特徴

  • それぞれの生徒の英語力に合わせた授業を展開するため「少人数授業」を行っている。帰国生など高い英語力を持つ生徒には、その力をさらに伸ばせるよう配慮している
  • 海外からの短期の留学生を受け入れており、英語や家庭科の授業、部活などで深く交流している
  • 世界各国で行われる「模擬国連」に年に2~3回参加している。参加者は10人程度。模擬国連では、人権問題などについて各国の代表と議論し、その解決策を模索する
  • 「国際理解DAYS」という学校行事あり。3日間。国際理解につながるプレゼンテーション発表を行う。また、この行事内で、英語能力検定試験を受験。中1・中2はTOEFL Primary、中3・高校生はGTEC for Students

山手学院中学校

学校情報

種別 共学校
場所 神奈川県横浜市
偏差値 男子(51) 女子(53)
進学実績 大阪大学3人、北海道大学5人、東北大学3人、早稲田大学76人、慶應義塾大学40人、東京理科大学70人、明治大学159人、立教大学112人

英語教育の情報

英語の授業数 週7コマ
海外留学制度の有無
  • シンガポール・イマージョンプログラム(希望者のみ。中3・高1。10日間。シンガポールのACSインターナショナルスクールの授業に参加。寮生活を体験)
  • ニュージーランド中期留学(希望者のみ。中3の1月から4月初旬の3ヶ月間。前半は語学学校に通学、後半は現地の学校に編入。帰国後は遅れることなく高校の入学式を迎えることが可能)
  • 年間留学(希望者のみ。高2の4月以降。生徒が留学団体の協力を得て手続きし、1年間の留学をする制度。一定の条件を満たすことにより、高校を3年間で卒業することが可能)

英語教育の特徴

  • 中学の英語の授業では、基礎力を身につけることを大切にしており、最終的には、高度な英語運用能力を身につけることを目指している。読み書きだけではなく「英語を聞き取る・話す」能力を向上させる授業構成となっている
  • 中2~高2の全員を対象に、英語検定試験「GTEC for STUDENTS」を校内で実施
  • 中3全員が参加する「オーストラリア・ホームステイ」あり。7日間。シドニー・メルボルン・ゴールドコーストのいずれか。現地では基本的にホストファミリーと過ごす。その他、現地学校訪問・市内観光などのプログラムあり
  • 高2全員が参加する「北米研修プログラム」あり。16日間。カナダまたはアメリカ。ホームステイ体験、現地のハイスクールで授業体験、日本文化を紹介するイベントの開催など、世界を肌で感じることができる16日間となる

森村学園中等部

森村学園中等部参照元:シリタス

学校情報

種別 共学校
場所 神奈川県横浜市
偏差値 男子(49) 女子(51)
進学実績 東北大学3人、筑波大学1人、東京工業大学1人、早稲田大学11人、慶應義塾大学9人、東京理科大学19人、明治大学24人、青山学院大学20人、中央大学30人

英語教育の情報

英語の授業数 週6コマ(中1)、週7コマ(中2・中3)
海外留学制度の有無
  • オーストラリア語学研修(希望者のみ。3週間。メルボルンの協定校に通い、ホームステイで異文化生活を体験)
  • マルタ・グローバル研修(希望者のみ。2週間。宿泊はドミトリー。地中海に浮かぶ島国で、歴史や文化に触れる研修)
  • オーストラリア・ターム留学(選抜制。参加には一定レベルの英語力が必要。3ヶ月。オーストラリアの協定校で留学生として過ごす)
  • US Dual Diploma Program(高校生対象。森村学園に通いながら、アメリカのProvidence Country Day Schoolの授業をオンライン受講することで、卒業時に日米の卒業証書を手にすることができる。日本の高校の授業が免除されるわけではないので、勉強は非常にハード。しかし、卒業時には、英語の資格試験のスコアなしで英語圏の大学に進学できるという大きなメリットがある。日本の一部大学へ、帰国生扱いで出願可能というのもメリット)

英語教育の特徴

  • 中学・高校の6年間で「聞く・話す・読む・書く」の4技能を完全に習得できるよう、万全の体制で授業を進める。高校卒業時には、言語技術で学ぶ内容とあわせ、英語で論理的に自分の考えを述べられるようになる
  • 中1・中2では、英語の能力が高い生徒は、授業で英語のテキストを使用しオールイングリッシュで授業を進めるクラスに所属可能(英語のみの習熟度別授業)
  • ネイティブ教員による少人数制授業あり
  • 学校全体で英検の受験を推奨。中3初期までに3級合格、高1からは準2級以上合格を目指す。事前の対策講座あり
  • 全員参加の「ニュージーランド修学旅行」あり(実施学年は、その年度により異なる)。7日間。ホストファミリーのもとでのファームステイ体験、現地の学校を訪問して日本文化を紹介など、盛りだくさんのブログラム

関東学院中学校

学校情報

種別 共学校
場所 神奈川県横浜市
偏差値 男子(41) 女子(42)
進学実績 東京大学1人、東京工業大学1人、東京外国語大学1人、早稲田大学4人、慶應義塾大学8人、上智大学5人、東京理科大学4人、青山学院大学9人

英語教育の情報

英語の授業数 週5コマ(中1・中3)、週6コマ(中2)
海外留学制度の有無
  • フィリピン英語集中研修(希望者のみ。満15歳以上。2週間。マニラからバスで4時間のターラックの英語学校で語学研修を行う。ほぼマンツーマンの授業を1日6時間というハードなスケジュールで、総合的に英語力が向上する)
  • ハワイ島研修(希望者のみ。満16歳以上。語学研修ではなく理科研修として実施。活火山キラウエア周辺見学・溶岩調査・マウナケア山頂のすばる望遠鏡訪問などのフィールドワークを行う)
  • オーストラリア研修(希望者のみ。中3~高2。2週間。交流校のブリスベン・クリスチャン・カレッジで学ぶ。ホームステイ体験)

英語教育の特徴

  • 中2~高2では、英会話学校ベルリッツのネイティブ講師による英会話の授業が週2回あり(中1は週1回、高3は選択科目)。この授業では英検対策も行っており、目標は高2の6月までに英検2級合格
  • 高1で「オンライン英会話」の授業あり。3週間に2回。リスニングおよびスピーキング能力を育成

自修館中等教育学校

自修館中等教育学校参照元:シリタス

学校情報

種別 共学校
場所 神奈川県伊勢原市
偏差値 男子(40) 女子(41)
進学実績 東京大学1人、東京外国語大学1人、お茶の水女子大学1人、早稲田大学5人、慶應義塾大学1人、上智大学3人、明治大学10人、青山学院大学9人、中央大学4人

英語教育の情報

英語の授業数 週7コマ
海外留学制度の有無
  • オーストラリア短期研修(希望者のみ。中3・高1。15日間。オーストラリア・ニューサウスウェールズ州。ホームステイをしながら現地の学校に通い、ESLの授業に参加して英語力を磨く)
  • ニュージーランド短期研修(希望者のみ。高1・高2。7月に姉妹校アオレレカレッジから留学してくる生徒をホストファミリーとして受け入れる。8月にその生徒宅にホームステイして現地の学校に通う。交換留学の形をとることで、親交を深めることができる)
  • ターム留学(希望者のみ。高1・高2。行き先は、オーストラリア・ニュージーランド・カナダなど。3ヶ月間、ホームステイをしながら現地学校の授業に参加する)
  • 1年留学(希望者のみ。行き先は、オーストラリア・カナダ・ドイツなど。希望があれば、本校に在籍したまま1年間の留学が可能)

英語教育の特徴

  • 中1~高3の6年間、週1時間の「他文化理解」という授業があり、毎週ネイティブ教員と英語を学ぶことができる
  • 全教室に配備されたプロジェクターと無線LANを活用し、映像・音声を多く取り入れた英語の授業を展開している
  • 英語検定とGTECの受験が必須となっている。まず、中1~高2までが年に1回、英語検定を受験。加えて、GTEC for Studentsも受験。授業内で対策が行われ、放課後に特別講座も設けられている
  • 高2全員参加の「海外フィールドワーク」あり。9日間。行き先は、その年によって異なるが、カナダ・アメリカ・ヨーロッパなど。グループフィールドワークやホームステイを通して、これまで学んだ英語力を試す

アレセイア湘南中学校

学校情報

種別 共学校
場所 神奈川県茅ヶ崎市
偏差値 男子(37) 女子(37)
進学実績 東京工業大学1人、お茶の水女子大学1人、横浜市立大学1人、早稲田大学3人、慶應義塾大学1人、青山学院大学2人、中央大学3人、明治学院大学21人

英語教育の情報

英語の授業数 週5コマ
海外留学制度の有無
  • 英国語学研修(希望者のみ。高校生。約2週間。英国・ウェールズ地方。英国国立バンガー大学で文化や歴史を学ぶ。ホームステイ体験)
  • オーストラリア語学研修(希望者のみ。中2~高校生。約2週間。オーストラリア・ニューサウスウェールズ州。現地クリスチャンスクールに通学。ホームステイ体験)
  • 国際大学連合と提携しており、提携大学への留学可能<高校卒業後> (提携大学には指定校推薦枠があり、大学が示す条件を満たせば留学可能。また高校在学中に「留学に向けた準備コース(ファウンデーションコース)」を受講すると、通常より1年早く大学への入学が可能になる)

英語教育の特徴

  • ネイティブ教員によるオールイングリッシュの授業(週3時間)があり、実践的な英語力を身につけることができる
  • ネイティブ教員による放課後の講座が設定されており、初級者から上級者まで、どんなレベルの生徒にも対応している
  • 「ネイティブティーチャーズルーム(ネイティブ教員の職員室)」には、昼休みに自由に訪れることができ、先生たちと英会話を楽しむことができる

まとめ:神奈川県の英語教育が充実している私立中学校8選(共学校)の紹介でした

本記事では、神奈川県の英語教育が充実している中学校を紹介しました。

本記事で紹介した学校

  1. 神奈川大学附属中学校
  2. 中央大学附属横浜中学校
  3. 公文国際学園中等部
  4. 山手学院中学校
  5. 森村学園中等部
  6. 関東学院中学校
  7. 自修館中等教育学校
  8. アレセイア湘南中学校

 

中学受験は、情報戦です。お子さんが充実した中学校生活をおくれるように、ぜひ色々な学校を調べておきましょう。

特に第一志望校以外の併願校選びは、親が動かないと受験間近になってから困ることが多いです。

5年生くらいから徐々に調べておかないと、6年生になってから慌てて学校探しをしている人も多いです。

ABOUT ME
しろくま
中学受験を考えているパパ・ママに向けて、第1志望校合格の実体験にもとづいた中学受験で役立つ・役立った情報を発信します✨ 何度も家から飛び出す長男に手を焼きながら、偏差値50から偏差値60の第1志望校に逆転合格↗️現在、漢字が苦手な次男(2022年組)と日々格闘中💧 中受経験あり▶慶應中等部→慶應高校→慶應SFC
さいごに:ライバルには知られたくない有益情報

さいごに1つだけ、中学受験のライバルには知られたくない有益情報をお伝えします。
中学受験専門の個別指導塾「SS-1」が発行している小冊子で「合格を決める塾の使い方」というものがあります。

この小冊子では、SAPIX、日能研、四谷大塚、浜学園の生徒に向けて「成績を上げるための学習ポイント」が全て網羅されています。

子どもをSAPIXに通わせている私も、実際に読んで見たら「目から鱗の情報」ばかりでした。

例えば、「子どもが塾が楽しい」と言っていると、親は安心しますよね?実は、これ要注意信号らしいのです。

「えっ?楽しんでるんだからいいんじゃないの?」と思ったのですが、そこには親目線だと気付けない落とし穴がありました。

気になるかたは、ぜひ小冊子を読んでみて下さい。

また、「国語の勉強の仕方がわからない悩み」「算数の成績が下がっている悩み」「勉強の仕方がわからない悩み」「子供とケンカになってしまう悩み」など、多くの保護者が抱える学習の悩みについて、原因と解決策が紹介されています。

他にもこれらの無料特典がつきます。

無料特典内容
  • 中学受験の悩みの原因と解決法
  • 合格を決める塾の使い方
  • 授業動画

 

特に授業動画の社会編は、地理が苦手なお子さんに繰り返し見せたい内容です。我が家では、この授業動画を繰り返し見せていたら苦手な社会が一番の得意になり、偏差値が15上がりました。

これらの小冊子と動画は、SS-1へ資料請求をすると直ぐに見る事ができます。資料請求は無料なので、成績を上げたい中学受験生にオススメです。

\いまだけ無料配布中/
無料プレゼントを申し込む
教室の希望がない場合は”オンライン教室”を選択

\当サイト読者向けの有益情報/
個別指導塾「SS-1」への資料請求で『知らないと損する学習情報』が満載の小冊子をプレゼント!
小冊子をもらう
\当サイト読者向けの有益情報/
知らないと損する学習情報が満載の小冊子をプレゼント!
小冊子をもらう