MENU
志望校の偏差値を知りたい

中学受験の偏差値50って普通?実は高校受験の偏差値60以上と同じ

中学受験の偏差値50って普通?実は高校受験の偏差値60以上と同じ
中学受験生の親
中学受験生の親
模試の結果が返ってきたけど、偏差値50って平均ってことかな。あんなにたくさん勉強しても普通なんて、中学受験って厳しくない?

そんな悩みにお答えします。

中学受験生の誰もが頭を悩ますのが偏差値です。模試の結果を見るたびに、志望校の偏差値に達しているか気になる人も多いでしょう。

実は、中学受験は高校受験とは違う特殊な事情があります。そのため、中学受験の偏差値50は高校受験の偏差値60以上に相当します。

この記事では、そんな中学受験の偏差値について解説しています。正しい情報を知って、偏差値に踊らされないように、ぜひ参考にしてくださいね。

成績が思うように上がらない理由や勉強法を知りたい方は、中学受験個別指導塾SS-1の小冊子が参考になります。特に、SAPIX・四谷大塚・日能研・浜学園は、個別に30ページ以上の対策が書かれているので、クラスを上げたい人は必見です。
SS-1のサイトで資料請求をすると、無料ですぐにダウンロードできます。
>>無料小冊子をダウンロードする

偏差値とは?

偏差値とは偏差値50を平均とし、テストを受けた生徒の中で自分がどれくらいの位置にいるかを相対的に表す数値です。

下記の図でおわかりの通り、偏差値50が平均点を意味します。

受験をする際の目標として偏差値60を上げられる方は多いと思いますが、偏差値60は100人中16位であり、かなり高い目標だということがわかります。

偏差値50

出典:かるび勉強部屋

模試によって偏差値は10以上違う

偏差値は、テストを受けた生徒の中でどれくらいの位置にいるかを示すので、受けるテストによって偏差値も変わってきます。

例えば、首都圏の中学受験生の多くが受験する以下4つの模試で比較してみましょう。

  • サピックス:志望校判定サピックスオープン
  • 四谷大塚:合不合判定テスト
  • 日能研:全国公開模試
  • 首都圏模試:合判模試
学校名 サピックス 四谷大塚 日能研 首都模試
開成中学校 67 71 72 78
桜蔭中学校 62 71 67 77
慶應中等部 59 64 65 74

サピックスと首都模試では、偏差値が10以上変わってきます。

これは、サピックスの模試は御三家などの難関校を目指す生徒が多く受験するのに対し、首都模試は中堅校を目指す生徒が多く受験するためです。

受験する生徒のレベルが異なるので、このような違いがうまれます。

しろくま
しろくま
6年生になると他塾の模試を受ける機会が増えるので、普段より偏差値が大きく変わったとしても一喜一憂しないように気をつけよう
塾による偏差値の違いは、こちらの記事で各学校毎に一覧化しています。気になる方は、ご覧ください。
>>【偏差値の違い】サピックス・四谷大塚・日能研・首都模試

中学受験における偏差値50の意味

中学受験は、一部の地域の一部の小学生のみが受験をする限られたものです。

以下の図でおわかりの通り、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)だけでも1学年約30万人いる生徒のうち、中学受験をするのは全体の20%(約6万人)です。

中学受験をするのは一部の小学生

出典:かるび勉強部屋

この6万人は、全員が普段から小学校より難しい勉強を行っている生徒です。小学生のトップ20%といっても差し支えないでしょう。

小学生のトップ20%の生徒のみが模試を受験するので、難易度が跳ね上がります。

中学受験で偏差値50の学校の高校の偏差値は?

実際に中学受験で偏差値50の学校の高校での偏差値を見てみましょう。

学校名 中学校偏差値 高校偏差値
桐朋 56 66
青稜 51 64
成蹊 50 61

ごらんの通り、中学校偏差値が50台の学校が高校になると、偏差値60を超えています。

さらに、これらの学校の大学の進学実績を確認してみましょう。

中学受験で偏差値50の学校の大学進学実績は?

中学受験で偏差値50台だった学校の大学進学実績です。

ごらんの通り、慶應や早稲田といった難関大学に多数の合格者をだしています。

中学受験の偏差値50のレベルが高いことが、よくわかります。

学校名 卒業生 東大 京大 東工大 一橋大 慶應 早稲田 上智 理科大 明治
桐朋 318 7 2 8 9 56 68 30 61 73
青稜 283 0 0 1 0 20 32 25 46 54
成蹊 317 4 0 2 1 41 43 32 27 27

※2020年春大学合格実績(浪人を含む)
出典:声の教育社「中学受験案内

偏差値が上がらない場合どうする?

中学受験の偏差値50のレベルが高いことはおわかりいただけたと思います。ただ、実際に志望校の合格を目指すためには成績を上げなくてはいけません。

成績が上がらない人のための勉強法は、こちらの記事で詳細をまとめているので良かったらご覧ください。
>>【中学受験】成績が上がらない人のための勉強法(国語・算数・理科・社会)

中学受験の偏差値50は高校受験の偏差値60以上に匹敵

本記事では、中学受験の偏差値50のもつ意味合いについて解説しました。

中学受験の偏差値50まとめ
  • 中学受験の偏差値50は高校受験の偏差値60以上に匹敵する
  • 中学受験で偏差値50台の学校からも難関大学に多数合格する
  • 中学受験は模試によって偏差値が大きく違うので、注意する

偏差値について正しい知識を持っていれば、中学受験の偏差値50のレベルが高いということが理解できます。

しろくま
しろくま
偏差値50は学力が高いです、自信をもっていきましょう
偏差値50台の中堅校を目指していて家で勉強するのが苦手なお子さんは、創研学院がおすすめです。勉強を塾で完結させるスタイルなので、ご家庭に負担がかかりません。
>>資料請求・無料体験授業の申込はこちら
ABOUT ME
しろくま
中学受験を考えているパパ・ママに向けて、第1志望校合格の実体験にもとづいた中学受験で役立つ・役立った情報を発信します✨ 何度も家から飛び出す長男に手を焼きながら、偏差値50から偏差値60の第1志望校に逆転合格↗️現在、漢字が苦手な次男(2022年組)と日々格闘中💧 中受経験あり▶慶應中等部→慶應高校→慶應SFC
さいごに:ライバルには知られたくない有益情報

さいごに1つだけ、中学受験のライバルには知られたくない有益情報をお伝えします。
中学受験専門の個別指導塾「SS-1」が発行している小冊子で「合格を決める塾の使い方」というものがあります。

この小冊子では、SAPIX、日能研、四谷大塚、浜学園の生徒に向けて「成績を上げるための学習ポイント」が全て網羅されています。

子どもをSAPIXに通わせている私も、実際に読んで見たら「目から鱗の情報」ばかりでした。

例えば、「子どもが塾が楽しい」と言っていると、親は安心しますよね?実は、これ要注意信号らしいのです。

「えっ?楽しんでるんだからいいんじゃないの?」と思ったのですが、そこには親目線だと気付けない落とし穴がありました。

気になるかたは、ぜひ小冊子を読んでみて下さい。

また、「国語の勉強の仕方がわからない悩み」「算数の成績が下がっている悩み」「勉強の仕方がわからない悩み」「子供とケンカになってしまう悩み」など、多くの保護者が抱える学習の悩みについて、原因と解決策が紹介されています。

他にもこれらの無料特典がつきます。

無料特典内容
  • 中学受験の悩みの原因と解決法
  • 合格を決める塾の使い方
  • 授業動画

 

特に授業動画の社会編は、地理が苦手なお子さんに繰り返し見せたい内容です。我が家では、この授業動画を繰り返し見せていたら苦手な社会が一番の得意になり、偏差値が15上がりました。

これらの小冊子と動画は、SS-1へ資料請求をすると直ぐに見る事ができます。資料請求は無料なので、成績を上げたい中学受験生にオススメです。

\いまだけ無料配布中/
無料プレゼントを申し込む
教室の希望がない場合は”オンライン教室”を選択

\当サイト読者向けの有益情報/
個別指導塾「SS-1」への資料請求で『知らないと損する学習情報』が満載の小冊子をプレゼント!
無料プレゼントを申し込む
\当サイト読者向けの有益情報/
知らないと損する学習情報が満載の小冊子をプレゼント!
資料請求を申込む