二月の勝者

「二月の勝者」ドラマ2話のネタバレ・あらすじ|勉強が楽しくなければ中学受験は成功しません

「二月の勝者」ドラマ2話のネタバレ・あらすじ

2021年10月から放送が開始されたドラマ「二月の勝者」2話のネタバレ・あらすじを紹介します。

ビックコミックスピリッツで連載中の人気漫画「二月の勝者」がついにドラマに!

本記事では時間がなくてドラマを観れなかった方や、見逃してしまった人に向けてネタバレ・あらすじを紹介します。

中学受験生の親目線での感想もお伝えするので、実際の中学受験との違いについても参考にしてくださいね。

>>二月の勝者のまとめ記事はコチラ

>>ドラマ「二月の勝者 -絶対合格の教室- 」はhuluで全話配信!ドラマを見逃した方は、こちらをクリック!
※huluだけのオリジナルストーリー配信中!いまだけ2週間無料で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティも見放題!!

「二月の勝者」ドラマ2話のあらすじ

佐倉(井上真央)が桜花ゼミナールでRクラス(最下クラス)の担任を任されて約1ヶ月。

あるテストの返却時、Ω・Aクラスと比較すると大幅に点数が低く、生徒の学力の想像以上の低さに不安を感じていた。中でも、加藤 匠(山城琉飛)は授業中も窓の外をぼーっと眺めるのみでやる気がなく、答案も白紙で0点であった。佐倉はそんな加藤が気になり・・・。

「二月の勝者」ドラマ2話のネタバレ

休み時間に入ると、Ωクラスの生徒は担任の橘 (池田鉄洋)の元に質問の列を作っていた。しかしRクラスの佐倉の元には一人も来ない。すると浅井 紫(市川ぼたん)が質問にやって来た。学校の作文の宿題についてであったのだが、なんと、将来の夢について『6年生的に大人が満足する内容とは何か』という何とも不思議な質問であった。

Rクラスの生徒について悩んでいる佐倉の元へ、黒木(柳楽優弥)がやって来た。

「Rクラスは桜花にとってお客さんなので、一生懸命になる必要は無い」というのだ。

黒木は佐倉に生徒の成績の資料を渡し、「あくまで不良債権だらけだが、顧客の評定リストと同様なので目を通しておくように」と告げ去って行った。『不良債権』という黒木ならではのワードに、佐倉はまたも不快に感じていた。

するとそこへ、加藤の母・涼香(堀内敬子)が弁当を届けにやって来た。匠の授業態度について心配している様子の涼香と佐倉は面談をすることに。涼香の話によると、匠は自宅でも塾での様子と同じように学習に集中できていないとのことだった。

匠は中学受験に向いていないのでは?と心配する涼香に対し佐倉は、自分もやる気を持って勉強に取り組んでもらえるよう工夫すると伝え、面談を終えた。

その後涼香から預かった弁当を匠に渡す際、励ましの言葉をかけてはみたものの、やはり心ここに在らずといった様子の匠。その際佐倉が発した『マンツーマンで見てあげる』という一言をたまたまΩクラスの前田花恋(田中絆菜)と直江樹里(野澤しおり)が聞いており、花恋は「どういうこと!?」と、困惑した様子であった。

一方ルトワックでは、灰谷(加藤シゲアキ)が、黒木がルトワックを退職した件について、生徒の母親から詰め寄られていた。黒木が『ルトワックから優秀な生徒を引き抜こうとしている』『リベートをとって個人指導をしていた』といった内容の噂であった。しかし灰谷は否定し、黒木はあくまで個人的な事情で退職したのだと母親達に伝えた。黒木の不在で不安を募らせている母親達に対しても、毅然とした態度で、「黒木がいなくても問題ない、安心してお任せください」と伝えた。

その夜、井の頭ボウルで講師達と夕食を食べていた佐倉は、黒木の言葉を思い出していた。佐倉も小学校時代算数が苦手で惨めな思いを経験しており、同じ境遇の匠をほっとけなく思っていた。話を聞いていた桂(瀧内公美)は、匠の答案をちゃんと見ているかと佐倉に尋ねた。「答案の内容から指導の手がかりが掴めるのでは?」という桂のアドバイスを受けた佐倉は、黒木に『目を通すように』と渡された生徒の成績資料を思い出し、急いで塾へと戻った。塾に戻ると、何やら社長の白柳(岸部一徳)と黒木が会話している。

匠の答案を探していると、黒木は佐倉に「Rはお客さんなのだから一生懸命になるなといったはずだ」と念を押してきた。「塾は営利目的の企業なのだから、合格実績というリターンをもたらす優秀な生徒を手厚く指導するべきである」と。「Rの生徒には楽しくお勉強させてください」と言い去って行った。

その後、暗くなったRクラスの教室に何気なく入った佐倉は、匠の机に何かの数字の羅列がびっしり並んでいるのに気づく。

翌日、佐倉は思い切って匠にマンツーマンでの指導を提案し、何とか受け入れてもらった。一方Ωクラスの前田花恋は、質問するための待ち時間が長いことに加え、佐倉と匠のマンツーマン授業を目撃してしまい、苛立ちを隠せないでいた。

その翌日、匠は塾を欠席した。なんと、花恋が匠と佐倉のマンツーマン授業への不満を爆発させ、匠に対し『落ちこぼれ』と罵っていたのであった。

そこへ黒木が現れ、佐倉にマンツーマン授業の件について問いただした。佐倉が匠について弁明しているなかで『匠が授業中に窓の外の電車を見ている』と言いかけた途端、黒木は「鉄道ですか?」と素早く反応した。何かを閃いた黒木は、講師達に指示を出した後、佐倉の自転車を借りて足早に去って行った。

その夜、黒木と佐倉は匠と両親を交えての面談に臨んだ。涼香と匠の父・健介は中学受験をやめたいとのことであった。黒木が匠の意思を問うと、匠は「自分の時間が欲しい」と言った。

理由は、その時間にMy Tubeで鉄道の動画を見たいからであった。黒木が実際に鉄道の動画を見せると、匠は興奮した様子で夢中になっていた。黒木は動画内のコンテンツには中学生が作成した鉄道模型もあると匠に伝え「中学受験によって、自分のやりたい事が実現できると未来を想像させる。

しかし健介は、鉄研がある中学はどこも偏差値が高く、匠にはやはり無理だと諦めさせようとする。そこで黒木は、匠のテストの答案の分析結果を語り始めた。「社会の中でも地理は得意で偏差値70ある」「算数も鉄道に関する問題は得点できている」という内容だった。また「記憶力があるため今後の成績の伸びも期待できる」と付け加えた。

匠が受験に向いていないというのは、幻想で誤解だと伝える黒木。さらに黒木は、涼香の受験生の母としての苦労も理解し、寄り添って話をした。気がつくと涼香は涙を流していた。

黒木は最後に「匠さんができる部分に寄り添って協力します。もう一度よく考えてみてください」と話をまとめ、面談を終えた。

面談後黒木は、佐倉に「勉強の苦しさばかり伝えていたのでは?」と尋ねた。さらに「わたしは誰一人としてできない子だと思ったことはない」と言い切った。黒木に「他の講師と同様、本心では無理だと思っているのでは?」と問われた佐倉は、何も言い返すことができなかった。

佐倉は帰宅後、実家から届いた花をみて浅井紫の作文について自分なりのアドバイスを思いついた。『花について学べる中学に通いながら将来を考えたい』という内容だった。

翌日それを紫に伝えると「自分でも考えてみる!」と、満足した様子であった。

その夜、灰谷はまたもや黒木を尾けた。ルトワックの父母の間で黒木にとって良くない噂が流れている。いつまで尻拭いさせるのか。という用件だ。だが黒木は「ありがたい」と言って意に介さない。なお企みを突き止めると言う灰谷に対し黒木は「どうぞご自由に」とだけ言い残し去って行った。

灰谷と別れてしばらく歩くと黒木は、髪型を崩しネクタイを緩め、夜の繁華街でドレスを着た若い女性2人に「黒ちゃん」と呼ばれながら、いかがわしい店舗へ入っていった。

なんとそこでは、井の頭ボウルのマスター・大森新平(加治将樹)の娘・大森紗良(住田萌乃)がバイトしていた。黒木と紗良は顔見知りで、黒木は紗良に現金らしきものが入った封筒を渡し、店の奥へと消えた。

一方前田花恋は自宅で学習中、帰宅した母(高岡早紀)に塾のことで相談があると打ち明けていた。

翌日、桜花の講師・木村大志(今井隆文)はルトワックの近くで、花恋と花恋の母が灰谷に連れられてルトワックに入って行く姿を目撃してしまった。

「二月の勝者」ドラマ2話の感想

率直に言って、ラストシーンに全部持っていかれました!黒木は夜な夜な何をしているのか?紗良ちゃんめっちゃいい子だと思っていたのに!続きが気になって仕方ありません!

とはいえ本題の加藤匠くんのエピソードも良かったです。私も佐倉先生のように出来ない箇所にばかり目が行きがちだなと、ドラマを見ながら反省させられました。私も、人に対しあらゆる可能性を考慮した上で最善の選択肢を提供できる、黒木のような存在になりたいです。

「二月の勝者」は実生活でも参考になる場面が多い

このドラマは「中学受験」が題材ではありますが、人生のあらゆる場面において参考になるストーリー構成だなと感じています。

教師と生徒という関係性に限らず、人と人とのコミュニケーションを生業にしている方にとっては是非見て頂きたいドラマです。佐倉先生が匠くんに対して行なったマンツーマン授業も、生徒想いではありますが手段としては間違っているなと感じました。ドラマでの印象は前田花恋さんの方が悪いかもしれませんが、私は花恋さんの言い分が正しいと思います。

このように、一部のシーンを切り取っても客観的にみると大変参考になる場面が多いので、今後も期待して見たいと思います。

>>ドラマ「二月の勝者 -絶対合格の教室- 」はhuluで全話配信!ドラマを見逃した方は、こちらをクリック!
※huluだけのオリジナルストーリー配信中!いまだけ2週間無料で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティも見放題!!

さいごに:ライバルには知られたくない有益情報

さいごに1つだけ、中学受験のライバルには知られたくない有益情報をお伝えします。
中学受験専門の個別指導塾「SS-1」が発行している小冊子で「合格を決める塾の使い方」というものがあります。

この小冊子では、SAPIX、日能研、四谷大塚、浜学園の生徒に向けて「成績を上げるための学習ポイント」が全て網羅されています。

子どもをSAPIXに通わせている私も、実際に読んで見たら「目から鱗の情報」ばかりでした。

例えば、「子どもが塾が楽しい」と言っていると、親は安心しますよね?実は、これ要注意信号らしいのです。

「えっ?楽しんでるんだからいいんじゃないの?」と思ったのですが、そこには親目線だと気付けない落とし穴がありました。

気になるかたは、ぜひ小冊子を読んでみて下さい。

また、「国語の勉強の仕方がわからない悩み」「算数の成績が下がっている悩み」「勉強の仕方がわからない悩み」「子供とケンカになってしまう悩み」など、多くの保護者が抱える学習の悩みについて、原因と解決策が紹介されています。

他にもこれらの無料特典がつきます。

無料特典内容
  • 中学受験の悩みの原因と解決法
  • 合格を決める塾の使い方
  • 授業動画

 

特に授業動画の社会編は、地理が苦手なお子さんに繰り返し見せたい内容です。我が家では、この授業動画を繰り返し見せていたら苦手な社会が一番の得意になり、偏差値が15上がりました。

これらの小冊子と動画は、SS-1へ資料請求をすると直ぐに見る事ができます。資料請求は無料なので、成績を上げたい中学受験生にオススメです。

\いまだけ無料配布中/
無料プレゼントを申し込む
教室の希望がない場合は”オンライン教室”を選択

\当サイト読者向けの有益情報/
個別指導塾「SS-1」への資料請求で『知らないと損する学習情報』が満載の小冊子をプレゼント!
小冊子をもらう
\当サイト読者向けの有益情報/
知らないと損する学習情報が満載の小冊子をプレゼント!
小冊子をもらう