浜学園

浜学園の入塾テストの合格率と対策を現役塾講師が解説!

浜学園の入塾テストの合格率は?合格するための対策には何があるの?この記事では、そのような疑問を解決します!

  • 浜学園の入塾テストの合格率
  • 浜学園の入塾テストの対策方法

上記2点を掘り下げていきます。

浜学園には入塾テストがありますが、この合格率は公式で出されていません。しかし、およそ95%の正解率で合格できるのではという推測があります。

また、浜学園の入塾テストでは、算数では図形と応用問題の対策が、国語では長文を正確に読み解く読解力の対策が必要です。

お子様を中学受験させるため浜学園に興味がある方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

浜学園については「浜学園の評判・口コミを徹底調査」という記事で詳細を紹介しているので、興味がある方はご覧ください。

浜学園の入塾テストの合格率

まずは浜学園の入塾テストの合格率を見ていきたいのですが、結論から言うと公式で合格率が出ていませんでした。しかし、実際にお子様を浜学園に入れた保護者の方の話から、およそ95%以上取れれば合格できるのではないかという推測が出ています。

お子様を浜学園に入学させた保護者の方からは以下のような声が聞けました。

  • 教室によって合格率には差がある
  • 95点を取って入塾できても一番下のクラスからのスタートになることが多い
  • 教室に問い合わせれば答えてくれる

この情報からわかることは、浜学園の入塾テストで95%の正解率であれば入塾テストには合格できるということです。ただ、得点が良くても最初は下のクラスからスタートすることが多く、そこから上のクラスに上がっていく生徒が多いです。

浜学園の入塾テストの合格率に関連したものでは、Yahoo!知恵袋にこんな質問がありました。

「2021/8/25 13:50

浜学園の入塾テストで、不合格になる割合はどの程度でしょうか?

先日娘が入塾テストを受けましたが、算数国語共に1問間違いの95%とれていたにもかかわらず、合格クラスは1番下のHクラスでした。

西宮校なので、VもSもある教室です。

平均点は65点程度と聞いたのですが、Vクラスは満点の生徒のみなのでしょうか?

それとも入塾テストでいきなりVクラスというのはないということでしょうか?

Vクラスの人数ももしわかれば知りたいです。

浜学園に詳しい方宜しくお願いします。」

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10248262125

2021年なので比較的新しい質問ですよね。

こちらの質問を投稿した方は、浜学園の入塾テストで必要な2科目である算数も国語も娘さんは1問違いだったというのに、クラスは一番下であったことを不思議に思っているようです。ただ、合格はできたということがわかります。

この質問に対する回答には明確な浜学園の入塾テストの合格率は一切載っていませんでした。しかし、上記のように教室によって合格率は変わることや、問い合わせれば教えてくれることが記載してありました。

また、質問者さんと同じように、回答者さんの中にも同じような点数で一番下のクラスになったという経験を持った方が複数いました。ですから、およそ95%以上の正解率で合格ができるととらえておくのが今わかる情報です。

より正確で詳しい情報が知りたい方は、お近くの浜学園に問い合わせてみてください。

浜学園の入塾テストの対策方法

浜学園の入塾テストは何度でも受験できますが、何度も何度も落ちては子どもの士気が下がってしまいます。そこで大切なのが浜学園の入塾テストの対策方法です。算数と国語、それぞれの具体的な対策方法を紹介していくので、参考にしてみてください。

算数の対策方法

浜学園の入塾テストの算数は、左半分は計算問題などの基本的な問題となっていますが、右半分は図形問題と応用問題になっているケースが多いと言われています。そこで対策しなければならないのは、計算領域と図形領域、そしてその両方を使った応用問題に対応しうる思考力です。

計算領域の対策

計算領域の対策は、普段の勉強の積み重ねとなる部分もあるため、とにかく途中式を書くこと、そして筆算はマス目に沿って大きく書くことを徹底して対策しましょう。浜学園の入塾テストを受験しようと考えているなら、計算領域でつまずく子はほとんどいません。ですから基本にのっとって、ケアレスミスをしないよう式を書くことを習慣づけていくことが有効な対策法となります。

図形領域の対策

図形領域の対策は、小学生の場合タブレット学習での対策をおすすめします。脳が図形を理解することができるのには時間がかかり、大人でも苦手な人は苦手なままです。練習すれば問題は解けるようになりますが、最初はセンスが必要なため生まれ持った能力に左右されます。

紙面上では図形は立体的に理解しにくいものですが、タブレットなら360度図形を回して理解することができます。ですから、パソコンやスマホなど、デジタル機器を使った学習で対策していきます。

応用問題の対策

算数の応用問題の対策は、とにかく数をこなすことが有効な対策法となります。ある程度パターン化されているので、中学受験用のテキストを購入して親子で解くのも良いですね。親子だと喧嘩になるようなら、家庭教師を雇う方法もあります。

国語の対策方法

浜学園の国語の入塾テストの内容はもちろん学園によってことなりますが、小学校1年生から文章の読み取りはあります。気持ちを読み取ることが小1から求められるのですから、漢字や熟語などの暗記でどうにかなる問題よりも、文章読解力を鍛えあげる必要があります。

漢字と熟語の対策

漢字や熟語の対策は、普段から学校で学ぶ内容をしっかり理解していればさほど問題ありません。定着する子は学校の授業だけでそのまま長期記憶に残るからです。熟語の方は、普段使わないものだと慣れないため丸暗記になります。本当の意味まで理解するためには生活の中で親が使っていくことが一番の対策になるでしょう。意味の成り立ちから教えることで、なぜその漢字が使われているのか納得でき、覚えやすくなります。

文章問題の対策

国語の文章問題は、小学生のうちはセンスが重要になってくるため、正直に言ってしまえば元から頭が良い子でないと入塾テストに合格することは難しいでしょう。それでも対策をするなら、これも数を解いて慣れることが重要になります。保護者の方ももしかしたら経験があるかもしれませんが、読解力というのは一朝一夕に習得できるものではありません。中学の時点でつまずくか高校の時点でつまずくか、人ぞれぞれですが国語の点数が悪くなってくる時はその読解力がテストのレベルに追いついていないことを示しています。

ですから、読解力の対策をするとなると中学受験用のテキストでたくさんの文章に触れ、解いていく中で解き方を学ぶ方法が有効です。論理的な考え方をとつとつと教えるよりは、実践して慣れてもらった方が早いのが小学生です。

浜学園の入塾テストを受験するなら十分な対策を!

浜学園の入塾テストの合格率は正確にはわかりませんでしたが、浜学園の入塾テストに合格したお子様を持つ保護者の方からの情報によれば、およそ95%以上の正解率で一番下のクラスに入れるようです。

入塾する時からハイレベルな競争を勝ち抜くためには、算数と国語の対策をしっかりしてテストに望みましょう。算数はより図形に力を入れて、国語は文章問題を集中的に、それぞれ中学受験用のテキストなどを使って学習させてみてください。

浜学園については「浜学園の評判・口コミを徹底調査」という記事で詳細を紹介しているので、興味がある方はご覧ください。

ABOUT ME
Avatar photo
かわさき
大学時代にイギリスに2度留学し、帰国後は塾講師として働き始めました。小1~高3までを教え、個別指導でそれぞれの生徒の個性を見極める大切さを学び、講師として成長していることを感じます。
東進オンライン学校小学部
さいごに:自宅で出来るライバルの一歩先をいく中学受験準備

さいごに1つだけ、自宅で出来るライバルの一歩先をいく中学受験準備情報をお伝えします。

中学受験が本格的に始まるのは小学4年生(小学3年生の2月)からですが、入塾時点で上のクラスを目指すためには低学年からの準備が欠かせません。

そうはいっても、習い事もやっているし毎週塾に行くのは大変という方も多いのではないでしょうか。

そんなご家庭に朗報です!

中学受験大手”四谷大塚”の名物講師の授業が「自宅で受けられるオンライン塾」があるんです!

東進オンライン学校小学部では、四谷大塚の教材を使った授業を自宅で受けられます。

しかも料金は月々たったの1,980円(税込2,178円)※小3以降は2,980円(税込3,278円)

ちなみに、四谷大塚の小学1年生クラスは13,200円なので圧倒的にお得です!

東進オンライン学校小学部はこんな人におすすめ
  • 低学年のうちから中学受験準備をしたい
  • 通塾は大変なので、自宅で学習したい
  • なるべく塾にかかる費用は抑えたい

さらに、14日間はお試し入会できるのでお子さんに合わなかったら即解約すれば全額返金されます。

まずは資料請求(無料)をして、詳細を確認しましょう!

\14日間おためし無料/
> 資料請求(無料)を申し込む
画面下の資料請求ボタンから申し込み

ちなみに、大半のお子さんは入塾時のクラスと小6のクラスは、あまり変わらないので入塾前の準備が重要です。(体験談)

\家庭教師を利用して3年以上の当サイト管理人が徹底調査/
\当サイト管理人が徹底調査/