浜学園

浜学園に入塾するならいつから?入塾テスト対策は必要?現役講師が解説!

浜学園に入塾するならいつからがいいの?入塾テスト対策はすべき…?

この記事では、そんな疑問を払しょくします!

浜学園への入塾は、小3の2月がベストでしょう。4年生からであれば集中力もつき、一般的にも中学受験をするタイミングは小4からだからです。

また、入塾テスト対策はしておくべきです。浜学園の入塾テストは難易度がとにかく高いので、今までに習ったことはしっかりと復習しておかないと入塾すらできなくなります。

浜学園に入塾するのはいつがベスト?

中学受験を考えているなら、浜学園への入塾も検討するご家庭は多いでしょう。入塾タイミングで迷うかもしれませんが、一般的には2つの入塾タイミングがあります。

小3の2月に入塾するパターン

一般的に入塾希望者が多くなるのは小3の2月です。

中学受験をするなら小4からと言われていますが、浜学園では新学年のスタートを2月に設定しています。ですから、この一般論を浜学園に当てはめるのであれば、小3の2月という少し早いスタートとなるわけです。

小4にもなれば集中力もついてきて、勉強する意味や、中学受験をすることに意欲的になってくる時期でもあります。学ぶことが楽しい生徒、何かをクリアしていくことに喜びを感じる生徒なら、浜学園でしっかりと勉強してくれるはずです。

あまり小さいうちから入塾すると、子どもの意見より親の一方的な中学受験になってしまうリスクがあります。ご家庭によって考え方は違うので、子どもの意見は通さなくても構わないのであればそれで良いのですが、子どもが将来どうしたいかを聞きたいなら、せめて小学校中学年になるまで待ってあげましょう。

また、小さいころは学習に必要な脳が未発達で、いわゆる大器晩成型の子どもにとって浜学園の授業は苦痛になるかもしれません。幼いころに塾は嫌なところと思ってしまうと、その気持ちを変えることは困難です。

しっかり座れるようになり、自分の意志を言えるようになり、中学受験という目標を目指せるようになった小4は浜学園への入塾のベストタイミングと言えます。

小1から入塾するパターン

一方、小1から浜学園で中学受験を目指すパターンもあります。上記で触れたように小さいうちから入塾するデメリットはありますが、実はおいしい場面もあるのです。

小1から浜学園に入ると、まだ勉強が簡単な分入塾テストに受かりやすいメリットがあります。入塾テスト対策については以下で書きますが、対策をしなくても入れるレベルから塾に慣れておけば、塾へ行って勉強することを当たり前ととらえてくれるようになるでしょう。

もしも本人が途中で嫌がったら中学受験を辞めさせる道もありますし、学んだことは無駄にはなりません。ですから、様子見として小1から浜学園に入塾させ、勉強を習慣にしながら徐々に中学受験を目指す方法もあります。

小4から入塾する場合、当然小3までに習ったことはしっかり頭に残っていなければいけません。もし、定着していなければ浜学園に入塾できたとしてもその後はかなり大変でしょう。このことを考えると、小1から入塾して苦労を減らす方が良いという考え方もできます。

浜学園の入塾テスト対策はしておくべき?

浜学園の入塾テスト対策はしておくべきです。特に、高学年になってくると出題される問題がさらに難しくなるので、テストに合格できる確率が下がってしまいます。

小1や小2なら浜学園の入塾テストに合格しやすい?

どうしても入塾したいのであれば、テストが簡単な小1や小2の間に入塾テストに臨むべきです。まだ小さい時の方が、浜学園の入塾テストの難易度は低く合格しやすいからです。問題が難しくなってくる前に入ってしまうのも1つの策でしょう。

小4から通うのであれば、小3までに習ったことは復習してからテストに臨むことをおすすめします。浜学園の入塾テストは何度も受けることができるのですが、子どもにとって不合格を言い渡されるのはかなりの精神的ダメージです。気にしない子であれば問題ないのですが、センシティブな子や、責任感が強い子であれば対策をして一発合格を目指すことをおすすめします。

浜学園の入塾テスト対策に有効なのは家庭教師

浜学園の入塾テスト対策をするのに最も有効なのは、家庭教師です。学習塾でも学力を上げることはできますが、塾によっては別の塾に入るための対策を行うことが難しい場合もあります。ですから、融通が利き、マンツーマンで生徒に向き合ってくれる家庭教師を付けることは最も有効と言えます。実際、浜学園の入塾テストに合格するまで家庭教師を雇ったご家庭もあるのだとか。

もし家庭教師を雇うのであれば、ただ勉強を教えるのではなく、浜学園の入塾テスト対策をしてくれる講師にしてください。そのためには、契約前にしっかりと希望を出し、対応できる家庭教師センターを探す必要があります。個人契約でも構いませんが、その場合は本当にしっかり教えてくれるのか信頼できる人に限ります。

家庭教師は指名することもできるため、実際に浜学園に通っていた講師や、中学受験経験者を希望できます。また、大手であればサポートがしっかりしているので、浜学園の入塾テストの傾向を調べてくれるはずです。やみくもに勉強するよりは、目標としているテストの傾向を把握して勉強した方が効率的なので、勉強を教えてくれるだけではなく調査も仕事の一環としてくれる家庭教師がおすすめです。

小学生の国語と算数のみなら、まだ料金も安く済むところがあるでしょう。家庭教師はマンツーマンなので人件費がかかります。しかし、対策を行えない集団塾や個別指導塾にお金を落とすよりは、よりコスパが良く、短期間で能力が上がる家庭教師にしておいた方が総額が安くなる可能性が高いです。

当サイトのおすすめ家庭教師は「家庭教師のおすすめランキングTOP10」という記事で紹介しているので、興味がある方は参考にどうぞ。

浜学園には小1か小4から通うのがベスト!入塾テスト対策は家庭教師に頼もう!

浜学園に通うなら、中学受験を始めるご家庭が多い小4からか、小1からがおすすめです。ただし、浜学園の新学年は2月スタートであるため、小4入塾の場合は小3の2月となります。

また、入塾テストは大変難しいため、対策は必要です。最も効率的に教えてくれるのは家庭教師となるので、信頼が置ける講師と契約しておきましょう。

浜学園については「浜学園の評判・口コミを徹底調査」という記事で詳細を紹介しているので、興味がある方はご覧ください。

ABOUT ME
かわさき
大学時代にイギリスに2度留学し、帰国後は塾講師として働き始めました。小1~高3までを教え、個別指導でそれぞれの生徒の個性を見極める大切さを学び、講師として成長していることを感じます。
東進オンライン学校小学部
さいごに:自宅で出来るライバルの一歩先をいく中学受験準備

さいごに1つだけ、自宅で出来るライバルの一歩先をいく中学受験準備情報をお伝えします。

中学受験が本格的に始まるのは小学4年生(小学3年生の2月)からですが、入塾時点で上のクラスを目指すためには低学年からの準備が欠かせません。

そうはいっても、習い事もやっているし毎週塾に行くのは大変という方も多いのではないでしょうか。

そんなご家庭に朗報です!

中学受験大手”四谷大塚”の名物講師の授業が「自宅で受けられるオンライン塾」があるんです!

東進オンライン学校小学部では、四谷大塚の教材を使った授業を自宅で受けられます。

しかも料金は月々たったの1,980円(税込2,178円)※小3以降は2,980円(税込3,278円)

ちなみに、四谷大塚の小学1年生クラスは13,200円なので圧倒的にお得です!

東進オンライン学校小学部はこんな人におすすめ
  • 低学年のうちから中学受験準備をしたい
  • 通塾は大変なので、自宅で学習したい
  • なるべく塾にかかる費用は抑えたい

さらに、14日間はお試し入会できるのでお子さんに合わなかったら即解約すれば全額返金されます。

まずは資料請求(無料)をして、詳細を確認しましょう!

\14日間おためし無料/
> 資料請求(無料)を申し込む
画面下の資料請求ボタンから申し込み

ちなみに、大半のお子さんは入塾時のクラスと小6のクラスは、あまり変わらないので入塾前の準備が重要です。(体験談)

\家庭教師を利用して3年以上の当サイト管理人が徹底調査/
\当サイト管理人が徹底調査/