学校情報を知りたい

東京都の英語教育が充実している私立中学校8選(男子校)【海外留学制度も充実】

東京都の英語教育が充実している私立中学校8選(男子校)【海外留学制度も充実】
保護者
保護者
英語教育が充実している私立の男子校に通わせたいけど、どの学校がいいかな?

こんな悩みを解決します!

中学受験をする際に、英語教育が充実しているかを重視している人も多いと思います。そこで、東京都の英語教育が充実している中学校(男子校)を調べました。

各学校の英語教育の特徴や偏差値情報も載せているので、志望校選びの参考にしてくださいね。

各学校の英語教育については、以下のポイントで調査をしています。

  • 英語の授業数
  • 海外留学制度の有無
  • 英語教育の特徴

本記事で紹介している学校

  1. 早稲田中学校
  2. 海城中学校
  3. 桐朋中学校
  4. 東京都市大学付属中学校
  5. 足立学園中学校
  6. 日本大学豊山中学校
  7. 京華中学校
  8. 聖学院中学校

※偏差値は四谷大塚の80偏差値を使用しています。

1.早稲田中学校

早稲田中学校参照:早稲田中学校

学校情報

種別 男子校
場所 東京都新宿区
偏差値 64
進学実績 東京大学33人、京都大学5人、筑波大学4人、慶應義塾大学53人、早稲田大学237人

英語教育の情報

英語の授業数 週5コマ(中1)、週6コマ(中2)、週7コマ(中3)
海外留学制度の有無 オーストラリアのメルボルン・グラマー・スクールとの短期交換留学制度(希望者のみ。高1。2週間。ホームステイ。外国人向けの授業だけでなく通常授業にも参加)

英語教育の特徴

  • 中2~高2の英語の授業のうち、1時間はネイティブスピーカーによる英会話の授業
  • 英語入試制度改革に対応するため、高2の冬にTOEFL ITPの受験を実施

2.海城中学校

海城中学校参照:海城中学校

学校情報

種別 男子校
場所 東京都新宿区
偏差値 64
進学実績 東京大学47人、京都大学15人、一橋大学13人、東京工業大学14人、早稲田大学150人、慶應義塾大学112人

英語教育の情報

英語の授業数 週6コマ
海外留学制度の有無 アメリカ研修(希望者のみ。中3。約1週間。現地の学校に通学。ホームステイ体験)

イギリス研修(希望者のみ。高1~高2。約2週間。現地の学校に通学。ホームステイ体験)

英語教育の特徴

  • 「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」の4技能を総合的に伸ばすことを大きな目標としている
  • グローバル教育をモットーとしており、特に、これからの国際社会において、リーダーシップを取れる人間の育成に重きを置いている
  • 中2を対象としたイングリッシュキャンプあり(自由参加だが、多くの生徒が参加。3泊4日、すべてネイティブの教師による授業が実施される)

3.桐朋中学校

参照:桐朋中学校

学校情報

種別 男子校
場所 東京都国立市
偏差値 56
進学実績 東京大学9人、京都大学4人、早稲田大学68人、慶應義塾大学74人、明治大学104人、青山学院大学32人、中央大学82人

英語教育の情報

英語の授業数 週5コマ(中1・中2)、週6コマ(中3)
海外留学制度の有無 英国パブリックスクール・ハロウ校のサマースクール参加(希望者のみ。15日間。学校の寮で生活。1日5時間の英語の授業、スポーツアクティビティ、観光などを通して異文化を体験)

英語教育の特徴

  • 外国人講師による少人数での会話演習
  • リスニング力の養成や発音練習を重視
  • 自己紹介文から意見の発表まで、英語を「使う」ことにこだわった演習授業
  • 生徒の学問に対する興味を引き出す「特別講座」が、授業時間外に開催されている。
  • 英語に関連する講座として「日米文化交流」が人気。同年代の米国学生との、ネットを介した日英語併用の交流

4.東京都市大学付属中学校

東京都市大学付属中学校参照:東京都市大学付属中学校

学校情報

種別 男子校
場所 東京都世田谷区
偏差値 55
進学実績 東京大学7人、京都大学3人、筑波大学1人、早稲田大学101人、慶應義塾大学72人、明治大学209人、青山学院大学60人、中央大学102人

英語教育の情報

英語の授業数 週7コマ
海外留学制度の有無 ニュージーランド語学研修(希望者のみ。高1。約3週間。現地校のすべての授業に出席するプログラム)

ニュージーランド3ヶ月ターム留学(希望者のみ。留学生サポートが充実している現地校に編入し、授業を受ける)

英語教育の特徴

  • グローバルな視点を養う「国際理解教育」に力を入れている
  • 週に1時間、ネイティブ教員による英会話の授業があり、生きた英語を学ぶことができる
  • 英語圏での生活経験のある生徒のための「英語取り出し授業」あり。海外で使われている教材を使用、授業は英語のみで指導
  • 中3の希望者は10日間の「マレーシア異文化体験」あり。村落ステイを柱とした異文化体験プログラム。多民族多言語国家であるマレーシアでしかできない貴重な体験ができる有意義な体験学習である
  • 高1は全員参加の8日間の「アメリカ研修旅行」あり。シリコンバレーの企業や有名大学を訪問するプログラムもあり
  • 「海外大学進学協定校推薦入試制度」あり。欧米約50校の協定大学の設ける成績基準を満たすことで、本校の推薦をもって協定大学への出願が認められる

5.足立学園中学校

足立学園中学校参照:足立学園中学校

学校情報

種別 男子校
場所 東京都足立区
偏差値 48
進学実績 筑波大学1人、一橋大学1人、早稲田大学11人、慶應義塾大学9人、明治大学24人、青山学院大学8人、中央大学16人

英語教育の情報

英語の授業数 週5コマ(中1)、週6コマ(中2・中3)
海外留学制度の有無 海外ターム留学プログラム(高1対象。希望者のみ。現地高校で現地生徒と同じ授業を履修する。帰国後は高校2年生に進級できる)

オックスフォード大学特別留学プログラム(詳細は公開されていないので、入学後要確認)

海外短期研修(希望者のみ。中1~。約2週間。オーストラリア・イギリス)

英語教育の特徴

  • 英語の能力を向上させ、最終的には、英語で作成した資料に基づく研究発表を行い、英語による質疑応答ができることを目指す。
  • 論文執筆・ディスカッション・ディベートの基礎的技術の習得を目指す。
  • 外国人講師による週2時間の英会話の授業あり
  • 全員参加のマレーシア修学旅行あり(高2。北海道・沖縄との選択制)

6.日本大学豊山中学校

日本大学豊山中学校

参照:日本大学豊山中学校

学校情報

種別 男子校
場所 東京都文京区
偏差値 45
進学実績 筑波大学1人、北海道大学1人、早稲田大学1人、東京理科大学9人、明治大学7人、青山学院大学2人、中央大学5人、日本大学355人

英語教育の情報

英語の授業数 週6コマ(中1・中2)、週7コマ(中3)
海外留学制度の有無 語学研修ホームステイ(希望者のみ。中2~高2。17日間。カナダ。現地協力校で授業を受ける)

イギリス・ケンブリッジ大学語学研修(日本大学全付属高校生からの選抜。17日間。寮生活。イギリスの文化・歴史に触れ、コミュニケーション能力を高める)

英語教育の特徴

  • ネイティブ教員と日本人教員のチームティーチングによる英会話授業あり
  • 英語検定の受験が必須で、合格のための補習を実施している
  • 毎年3学期にスピーチコンテストを実施
  • 「フリートーキングプログラム」あり。放課後にコモンスペースにてネイティブ教員と自由に会話することができる

7.京華中学校

京華中学校参照:京華中学校

学校情報

種別 男子校
場所 東京都文京区
偏差値 39
進学実績 筑波大学2人、一橋大学3人、早稲田大学6人、慶應義塾大学8人、明治大学20人、青山学院大学2人、中央大学43人

英語教育の情報

英語の授業数 週7コマ
海外留学制度の有無 オーストラリア夏季海外研修(希望者のみ。中2~高2。約2週間。単身ホームステイ、英会話レッスン、各種アクティビティ)

短期留学制度(希望者のみ。高1。3ヶ月。ニュージーランド。ホームステイしながら現地学生とともに授業を履修)

留学単位認定制度(1年留学を希望する生徒は、留学後、留学前に在籍していた学年に復学可能)

英語教育の特徴

  • 「世界で活躍できる様々な力」を育む「グローバルプログラム」が用意されている
  • 中学入学時から「特別選抜クラス」が設けられているが、中2時点で特に英語力を伸ばしたい生徒は「国際先進クラス」に進学可能。他校では珍しいこのクラスでは、特に英語4技能に磨きをかけることができる。高校進学後は、難関国公立大学・私立大学を目指すことが可能
  • 「イングリッシュ・コミュニケーション」の授業あり(中1~高1)。ネイティブ講師と日本人教師のチーム・ティーチングで、リスニング・スピーキングを強化
  • 中2全員参加の「イングリッシュ・キャンプ」。2泊3日、ネイティブ講師とともに英語のみで生活する
  • 中3全員参加の「KEIKA B&S PROGRAM」。日本の大学に留学している各国の留学生を招き、英語で交流するプログラム。生徒が企画したプランで東京の名所を案内するイベントもある
  • 中3全員参加の「シンガポール研修旅行」。現地大学生との班別市内観光・英語でのガイドツアーなどを通して異文化を体験する
  • 国際先進クラスの中3全員参加の「セブ島語学研修」。個人レッスンを中心とした研修。英語でものを考えられるところまで英語力を高める

8.聖学院中学校

聖学院中学校参照:聖学院中学校

学校情報

種別 男子校
場所 東京都北区
偏差値 36
進学実績 京都大学1人、北海道大学1人、早稲田大学7人、慶應義塾大学1人、明治大学14人、青山学院大学7人、中央大学10人

英語教育の情報

英語の授業数 週6コマ
海外留学制度の有無 海外短期研修(希望者のみ。中2~高3。8~15日間。オーストラリア・イギリス・アメリカ・タイ・カンボジア)

長期留学制度(希望者のみ。3ヶ月または1年間。1年間留学した場合、留学時に在籍していた学年に復学できる。アメリカ・カナダ・ニュージーランド)

英語教育の特徴

  • 家庭学習を重視。小テストや課題に取り組む意味を伝え、授業で得た知識を家庭学習でより確かなものにさせる
  • 教科書だけではなく、海外のニュースや新聞などを使った自作の教材も使用
  • 自分の意見を英文で表現するアウトプットの機会を多く設けている
  • 習熟度別授業で、すべての生徒の英語力アップをサポート。帰国生などに向けたオールイングリッシュのSSコースも設置
  • 海外大学進学サポートが充実
  • 国内グローバルプログラムが充実しており、英語を楽しみながら使う機会が多い。中学では、イングリッシュキャンプ・英語フィリピンメソッド講座・留学生協働ラボ。高校では、エッセイライティング講座・検定試験対策講座。

まとめ:東京都の英語教育が充実している私立中学校8選(男子校)の紹介でした

本記事では、東京都の英語教育が充実している中学校(男子校)を紹介しました。

本記事で紹介している学校

  1. 早稲田中学校
  2. 海城中学校
  3. 桐朋中学校
  4. 東京都市大学付属中学校
  5. 足立学園中学校
  6. 日本大学豊山中学校
  7. 京華中学校
  8. 聖学院中学校

中学受験は、情報戦です。お子さんが充実した中学校生活をおくれるように、ぜひ色々な学校を調べておきましょう。

特に第一志望校以外の併願校選びは、親が動かないと受験間近になってから困ることが多いです。

5年生くらいから徐々に調べておかないと、6年生になってから大変なので気をつけましょう。

参考記事:グローバル人材育成の取り組み 中学校【東京】
参考記事:国際化教育・英語教育に力を入れてい中高一貫校 ランキング

さいごに:ライバルには知られたくない有益情報

さいごに1つだけ、ライバルには知られたくない有益情報をお伝えします。
中学受験専門の個別指導塾「SS-1」が発行している小冊子で「合格を決める塾の使い方」というものがあります。

この小冊子では、SAPIX、日能研、四谷大塚、浜学園の生徒に向けて「成績を上げるための学習ポイント」が全て網羅されています。

子どもをSAPIXに通わせている私も、実際に読んで見たら「目から鱗の情報」ばかりでした。

例えば、「子どもが塾が楽しい」と言っていると、親は安心しますよね?実は、これ要注意信号らしいのです。

「えっ?楽しんでるんだからいいんじゃないの?」と思ったのですが、そこには親目線だと気付けない落とし穴がありました。

気になるかたは、ぜひ小冊子を読んでみて下さい。

また、「国語の勉強の仕方がわからない悩み」「算数の成績が下がっている悩み」「勉強の仕方がわからない悩み」「子供とケンカになってしまう悩み」など、多くの保護者が抱える学習の悩みについて、原因と解決策が紹介されています。

他にもこれらの無料特典がつきます。

無料特典内容
  • 中学受験の悩みの原因と解決法
  • 合格を決める塾の使い方
  • 授業動画

 

特に授業動画の社会編は、地理が苦手なお子さんに繰り返し見せたい内容です。我が家では、この授業動画を繰り返し見せていたら苦手な社会が一番の得意になり、偏差値が15上がりました。

これらの小冊子と動画は、SS-1へ資料請求をすると直ぐに見る事ができます。資料請求は無料なので、成績を上げたい中学受験生にオススメです。

\いまだけ無料配布中/
無料プレゼントを申し込む

資料請求で直ぐにダウンロードできる

\小学4・5・6年の保護者の方へ/
Z会の無料資料請求で”最難関中学を目指す7つの極意”を数量限定でプレゼント中です。昨年もあっという間になくなったので、まだお持ちでない方は入手しておきましょう。
今だけの無料プレゼントを申し込む
\中学受験生の保護者の方へ/
Z会の無料資料請求で”最難関中学を目指す7つの極意”を数量限定でプレゼント中です。
今だけの無料プレゼントを申し込む