二月の勝者

「二月の勝者」ドラマ5話のネタバレ・あらすじ|塾では道徳は教えません!

「二月の勝者」ドラマ5話のネタバレ・あらすじ

2021年10月から放送が開始されたドラマ「二月の勝者」5話のネタバレ・あらすじを紹介します。

ビックコミックスピリッツで連載中の人気漫画「二月の勝者」がついにドラマに!

本記事では時間がなくてドラマを観れなかった方や、見逃してしまった人に向けてネタバレ・あらすじを紹介します。

中学受験生の親目線での感想もお伝えするので、実際の中学受験との違いについても参考にしてくださいね。

>>二月の勝者のまとめ記事はコチラ

>>ドラマ「二月の勝者 -絶対合格の教室- 」はhuluで全話配信!ドラマを見逃した方は、こちらをクリック!
※huluだけのオリジナルストーリー配信中!いまだけ2週間無料で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティも見放題!!

「二月の勝者」ドラマ5話のあらすじ

灰谷(加藤シゲアキ)から黒木(柳楽優弥)を紹介された五十嵐は、道端で黒木に声をかけ何やら話した後、車に乗り込んだ。

車内で話を聞いた黒木は「とてもいいお話ですね」と五十嵐の提案に乗り気の様子だ。

しかし黒木には何か考えがあるのか、五十嵐に「少しお時間よろしいですか」といい一旦車を降り、去っていったのだった・・・。

「二月の勝者」ドラマ5話のネタバレ

6/15。桜花では成績順のクラス分けテストの結果が貼り出されていた。掲示板の前で一喜一憂する生徒が多い中、Ωクラスの花恋(田中絆菜)は意に介さず通り過ぎる。

同じくΩで桜花トップ成績の島津順(羽村仁成)は、なぜか掲示板でAクラスの海斗(伊藤駿太)の位置を確認していた。

講師室では、クラス替えの直後は保護者からのクレームが多いらしく電話対応に備えていた。そこで黒木は「1点刻みの成績表があるため心配は無用だ」と言い切り「中学受験は点数評価であり、目に見えないものでの評価は本人のためにもならない」と続けた。

そんな中黒木が「Ωへのクラスアップ者が1名もいない」と嘆く桂に学力アップの方法を問うと、桂は「5年生のテキストを解かせ基礎学力の向上を図る」と答えた。桂はさらに「それだと親御さんからうちの子は5年生レベルなのかとクレームを受けてしまう」と続けた。

すると黒木は「夏期講習の期間中にΩクラス選抜テストを実施し、かつ範囲は5年生のテキストから出題する」と宣言した。そうすることで基礎学力の向上に加え、保護者も納得させることができるという算段だ。その知らせを受け、Aクラスでは複数の生徒がやる気に満ちていた。

講師室では、珍しく保護者からのクレームがなかったことに安堵していたのだが、橘(池田鉄洋)によると順の母から夏期講習のカリキュラムを聞かれ、『父と塾でやり方が違うのは困る』といわれたとのことだった。

島津家にて。塾の宿題を解いている最中に、順の父・弘(金子貴俊)が帰宅。母・優子(遠藤久美子)に「塾に行ったのか」と問うと優子は桜花の夏期講習のカリキュラムを見せる。

すると弘は「順にはもっと高度なプランを立ててやらないとダメだ!何をしに塾に行ってきたんだ!」と怒鳴った。弘は順に「パパが開成に入れてやるから心配するな」といい、順は「はい」と小さな声で返事した。

7/21。夏期講習初日。夏期講習はほぼ毎日、13時〜20時の7時間塾にこもって勉強する

黒木は生徒に「夏期講習は受験の天王山、小学生最後の夏休みを悔いのないように」と激励した。
翌日。佐倉(井上真央)は桂に夏期講習中は生徒のおもらしや嘔吐、鼻血など、イレギュラーなトラブルが多いことを教わった。すると自習室で事件が起こった。

順が海斗に「偏差値60以下の学校は学校じゃない、そんなとこ目指すなんてマジごみ」と暴言を吐いたことが原因で、海斗が順の首元を引っ掻き取っ組み合いになったのだった。しかし順は「本当のことだ」といって反省する様子がないため佐倉は諭そうとするが、黒木が遮った。

「Ω専用の自習室を用意するからそれで良いだろう」といったのだ。さらに海斗に対しては慰めの言葉はなく「今後一切島津さんと揉め事を起こさないでください」と念を押すのみだった。

黒木の対応に納得がいかない佐倉は黒木に詰め寄るが、「私のやり方が気に入らないなら辞めて学校に戻ってください」と取り合わない。それでも佐倉は「上杉くんはこのままじゃ成績優秀な子の犠牲になる」と食い下がるが、黒木は「あなたは見誤っています」といい去っていった。

井の頭ボウルにて、講師達は順と海斗の件について話していた。桂によると、順は以前にも海斗にちょっかいを出していたそうだ。

翌日。佐倉は休憩中コンビニに行った帰り、道端で灰谷をみかけた。灰谷は佐倉に「ルトワックにいた海斗を辞めさせたのは確かに黒木だが、実際は切り捨てたのではなく黒木なりの考えや見通しがあったのだろう」と話した。

灰谷は佐倉に「黒木がルトワックを辞めた本当の理由を知っているか」と尋ね佐倉は「いいえ」と答えたが「余計な話でした」といい去っていった。

その夜、島津家にて。弘は帰宅するや否や、順に実際の入試問題が入った問題集を解かせた。
弘は優子に順が解いた問題集を見せ、「偏差値54の学校の入試問題が半分もできていないとはどういうことだ!」と怒鳴り、「塾に今度はクレームを入れにいくように」といった。


社長室にて、社長の白柳(岸部一徳)は黒木に吉祥寺校の5階を買い取って増築する計画を話していた。
翌日。海斗は塾に向かう途中、神社の前に座っている順を見かけたが、声はかけずに過ぎ去った。優子が講師室に順の弁当を届けにきたところ、順は塾に来ていないことが分かった。

優子が順の携帯に電話をかけてみるが繋がらない。そこへ黒木が現れ、優子に何か変わった様子はなかったか尋ねた。すると優子は弘が買ってきた問題集の件を話し始めると、同時に自分を責め取り乱した。その場面を見ていた海斗は、順を探しに走った。佐倉もすぐに探しに行こうとするが、「あてずっぽうで探しても無駄なだけだ」と黒木が制す。海斗が走っていく姿を見ていた黒木は、佐倉に順の居場所に当てがある人物の存在を伝えた。佐倉は海斗だとあたりをつけ、連絡先を調べた。

海斗が今朝順を見かけた場所へ戻ると、順はまだそこで座ったままだった。海斗に気づいた順は「なんだお前かよ」と呟く。海斗は「お前んちの母さん塾に来てた、騒ぎになって、どうしようって泣いてた」と伝えた。

順が海斗に「なんでルトワックを辞めたのか」と問うと海斗は「成績悪くて首になっただけだよ」と答えた。順は4年生に進級する際ルトワックの入塾テストを受験し、Sクラスに落ちていた。そのため、ルトワックのSクラスから落ちて桜花のAクラスでくすぶっている海斗を許せなかったらしい。

海斗は、双子の弟の陸斗が優秀なため自分は周囲に期待されていないと思っていた。すると順は、黒木が海斗に期待しており、将来的に自分のライバルになると話していたことを伝えた。また順は、「Ωの選抜テスト受けろよ」と海斗を激励したのだった。

空き教室にて、優子は黒木に順の家庭での様子を話していた。それを聞いた黒木は優子に「自信を失わせるだけの間違った勉強法だ」と伝えた。そこへ佐倉から着信があり、順は無事に見つかり、今桜花へ向かっているとのことだった。

優子は順と再会すると、安堵した様子で順に「受験やめても良いのよ」と話した。しかし順は「辞めたらママがパパにいじめられる」という理由もあり辞めないと言った。そこへ弘が到着。優子に対し「監督不行き届き」だと感情的になり手を上げようとするも、講師達の目の前だったため思いとどまった。弘は順に「今まで何をしていたんだ」と問い、順は「友達と話してた」と答える。弘が「時間がないのにバカの相手をしている場合じゃない!」と怒鳴ると、順は「僕の友達をバカって言うな!」と強く反発した。

帰り際順は海斗に「待ってるからな、Ωで」と背中を押し去っていった。

誰もいなくなった教室で佐倉は、黒木に「ケアすべきは島津くんだったんですね」と自分の非を認めた。続けて佐倉は黒木に「どうすればいいんでしょう」と問うも、黒木は「我々たかが塾講師に他人の家庭の中にまで踏み込む権限はない」ときっぱり告げた。

その夜、灰谷は五十嵐と電話していた。五十嵐曰く、黒木は「大変興味を持っており、良い方を紹介していただきました」とのことだった。とそこへ、灰谷は髪型を崩している黒木を見かける。

後をつけると、『STARFISH』と書かれたドアから小学生らしき生徒が勉強の話をしながら出てくるところだった。

8/2。桜花に紗良(住田萌乃)がやってきた。驚く佐倉と桂に対し紗良は「黒木先生のお手伝いで」と言ったところへ黒木が登場。「紗良さん」と紗良を夜とは違う呼び方で呼んだ。

「二月の勝者」ドラマ5話の感想

4話のラストで五十嵐が黒木に何やら勧誘し、5話の冒頭はその続きからでしたが、特に進展なく終わってしまいました。5話ラスト付近での灰谷と五十嵐の会話の様子から、黒木が乗り気だったのは灰谷にとって予想外だったのでしょうか。

やはり黒木がルトワックを辞めた本当の理由が物語のキーになっていそうですね。個人的には5話の黒木の様子で、生徒の家庭の問題に関与し過ぎた過去があったのかな?と疑いたくなる描写があったように感じました。

「二月の勝者」は先生の立場の難しさも理解できる

5話は成績優秀な順が抱える悩みが受験と直接的には関係なく、孤独で可哀想だなと思いました。また、塾に限らず学校でも同じテーマが度々描かれますが、家庭内の問題に先生がどの程度関わるかって難しいですよね。

もちろん今回のように確固たる信念がある父親の場合は塾側でできることは限られるけど、4話のように少し関与するだけで解消できるような問題は場合によっては関与したほうが良い場合もありそうです。

そういった先生の立場の難しさ、という観点でドラマをみるのも面白いかもしれません。

>>ドラマ「二月の勝者 -絶対合格の教室- 」はhuluで全話配信!ドラマを見逃した方は、こちらをクリック!
※huluだけのオリジナルストーリー配信中!いまだけ2週間無料で人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティも見放題!!

さいごに:ライバルには知られたくない有益情報

さいごに1つだけ、中学受験のライバルには知られたくない有益情報をお伝えします。
中学受験専門の個別指導塾「SS-1」が発行している小冊子で「合格を決める塾の使い方」というものがあります。

この小冊子では、SAPIX、日能研、四谷大塚、浜学園の生徒に向けて「成績を上げるための学習ポイント」が全て網羅されています。

子どもをSAPIXに通わせている私も、実際に読んで見たら「目から鱗の情報」ばかりでした。

例えば、「子どもが塾が楽しい」と言っていると、親は安心しますよね?実は、これ要注意信号らしいのです。

「えっ?楽しんでるんだからいいんじゃないの?」と思ったのですが、そこには親目線だと気付けない落とし穴がありました。

気になるかたは、ぜひ小冊子を読んでみて下さい。

また、「国語の勉強の仕方がわからない悩み」「算数の成績が下がっている悩み」「勉強の仕方がわからない悩み」「子供とケンカになってしまう悩み」など、多くの保護者が抱える学習の悩みについて、原因と解決策が紹介されています。

他にもこれらの無料特典がつきます。

無料特典内容
  • 中学受験の悩みの原因と解決法
  • 合格を決める塾の使い方
  • 授業動画

 

特に授業動画の社会編は、地理が苦手なお子さんに繰り返し見せたい内容です。我が家では、この授業動画を繰り返し見せていたら苦手な社会が一番の得意になり、偏差値が15上がりました。

これらの小冊子と動画は、SS-1へ資料請求をすると直ぐに見る事ができます。資料請求は無料なので、成績を上げたい中学受験生にオススメです。

\いまだけ無料配布中/
無料プレゼントを申し込む
教室の希望がない場合は”オンライン教室”を選択

\当サイト読者向けの有益情報/
個別指導塾「SS-1」への資料請求で『知らないと損する学習情報』が満載の小冊子をプレゼント!
小冊子をもらう
\当サイト読者向けの有益情報/
知らないと損する学習情報が満載の小冊子をプレゼント!
小冊子をもらう