MENU
おすすめの家庭教師が知りたい

東大生に家庭教師を依頼する方法【志望校の卒業生にお願いできる】

東大生の家庭教師を個人契約で探す方法【個人でマッチング】
家庭教師を探している人
家庭教師を探している人
家庭教師をつけたいけど、料金が高くてお願いできない。先生の質が高くて比較的安い家庭教師はいないかな?できれば東大生がいいけど、高そうだな。。

そんなお悩みを解決します。

家庭教師スマートレーダーを利用すれば、東大生に時給2,500円から家庭教師をお願いすることができます。

家庭教師の個人契約は昔からありましたが、家庭教師スマートレーダーでは、先生のプロフィール(学歴、時給、写真、得意な教科)を見て、お気に入りの先生を見つける事ができます。

志望校の卒業生に家庭教師をお願いできるので、志望校のリアルな生の情報を聞くことができます。

また、先生の模試・定期テスト・本試験などの成績から「適性時給」と「スキルチャート」を「見える化」しているので、料金も納得感があります。

\無料会員登録はコチラ/
家庭教師スマートレーダー
志望校のOB・OGも見つかる

家庭教師の個人契約マッチングサービスとは

通常、家庭教師を探す際は家庭教師センターにお願いするのが一般的です。

家庭教師センターは、個人契約に比べて先生の質が保障されていたり、トラブル対応のサポートがあったりというメリットはある反面、料金が高くなりがちというデメリットがあります。

以下に、家庭教師センターと個人契約のメリット・デメリットを整理しました。

家庭教師センター

メリット

  • 受験情報やノウハウを持っている
  • 教師の質が保障されている
  • トラブル対応をサポートする仕組みがある

デメリット

  • 料金が高い(入会金や仲介手数料がかかる)
  • 希望は出せるが、自分で先生を自由に選べない
個人契約

メリット

  • 料金が安い(入会金がない)
  • 自分の気に入った先生を自由に選べる
  • 日程の自由度が高い

デメリット

  • 教師の質が保障されていない
  • トラブル対応を自分で行う必要がある
家庭教師を探している人
家庭教師を探している人
個人契約は料金が安い点が魅力的だけど、先生の質が不安。急に来なくなったりしたらどうしよう?
しろくま
しろくま
個人契約する際の不安が解消できる家庭教師マッチングサービスがあるよ

個人契約のデメリットを解消できる家庭教師スマートレーダー

家庭教師スマートレーダーは東大・東工大・一橋大・京大・阪大の学生限定

家庭教師スマートレーダーは超難関大学の学生限定の家庭教師マッチングサービスです。
実際にプロフィールを見ると、すごい学歴が並んでいます。
※半分以上の学生は顔写真を登録しています。

東大家庭教師プロフィール2

中学受験を経験している先生も多く、子どもが憧れる第一志望校の先輩もいました。
無料登録をすると、先生の適性時給とおすすめポイントを確認する事ができます。

先生のおすすめポイント(例)

東京大学 〇〇学部の先生です。出身校は私立〇〇中学校、全国有数のトップ中高一貫校です。東大オープンや東大実践模試で非常に良い成績を出していて、特に数学と物理は偏差値80を超えています。中学受験の経験がありますので受験をお考えの方はぜひ相談してみましょう。理系科目を中心に成績を伸ばしたい方にオススメの先生です。

しろくま
しろくま
顔写真を登録している先生も多いから、事前に雰囲気がつかみやすいよ

家庭教師スマートレーダーには個人契約にありがちなトラブルを防ぐ仕組みがある

家庭教師スマートレーダーでは、トラブルの原因になりがちなお金のやりとりを家庭と先生で行う必要がありません。

お金のやり取りは、家庭教師スマートレーダーの運営事務局を通してとなります。

あらかじめ先生のスキルや実績と時給が明記されているので、後からお金でもめることもありません。

また、先生が急に来なくなったときなども、運営事務局に相談しトラブル解決をお願いできます。

しろくま
しろくま
家庭と先生の間に事務局がいると安心できる

家庭教師センターと個人契約の料金の比較

家庭教師センター(ノーバス)と個人契約(スマートレーダー)で、どれくらいの料金の差があるか確認してみました。
条件を同じにするために、家庭教師はプロ家庭教師ではなく学生家庭教師とします。

1か月間の費用:月4回(1時間)の場合

家庭教師センター
(ノーバス)
個人契約
(スマートレーダー)
指導料 18,000円 14,000円
入会金 20,000円 なし
学習サポート費 3,000円 なし
交通費 4,000円 4,000円
合計 45,000円 18,000円

合計で27,000円の差がでました!

何かとお金がかかる受験生活において、この差は大きいです。

仮に半年間お願いしたら約6万円の差がでることになります。

東大生に家庭教師を依頼するなら家庭教師スマートレーダーがおすすめ

東大生の家庭教師を個人契約で探す方法として、超難関大学の学生とマッチングできる家庭教師スマートレーダーを紹介しました。

家庭教師スマートレーダーのメリット・デメリットや利用手順については、家庭教師スマートレーダーとは?料金とメリット・デメリットを徹底解説という記事で、詳細に解説しています。よかったら、ご覧になってください。

\無料会員登録はコチラ/
家庭教師スマートレーダー
志望校のOB・OGも見つかる

 

家庭教師の個人契約が不安な方は、コチラの記事で「注意すべき事」や「いい先生を選ぶコツ」をまとめています。良かったら合わせてご覧ください。
>>家庭教師の個人契約サイトのオススメを紹介!
おくさん
おくさん
家庭教師をつけたら勉強を見る時間が減ったので、子どもと勉強のことでケンカする時間が減りました
しろくま
しろくま
気持ちに余裕ができると、子どもに笑顔で接する時間が増えるね
本サイトでオススメする家庭教師の情報は、こちらの記事でまとめています。より詳細な情報が知りたい方は、ご覧ください。
>>親目線で選ぶ家庭教師のおすすめランキング15選
ABOUT ME
しろくま
中学受験を考えているパパ・ママに向けて、第1志望校合格の実体験にもとづいた中学受験で役立つ・役立った情報を発信します✨ 何度も家から飛び出す長男に手を焼きながら、偏差値50から偏差値60の第1志望校に逆転合格↗️現在、漢字が苦手な次男(2022年組)と日々格闘中💧 中受経験あり▶慶應中等部→慶應高校→慶應SFC
さいごに:ライバルには知られたくない有益情報

さいごに1つだけ、中学受験のライバルには知られたくない有益情報をお伝えします。
中学受験専門の個別指導塾「SS-1」が発行している小冊子で「合格を決める塾の使い方」というものがあります。

この小冊子では、SAPIX、日能研、四谷大塚、浜学園の生徒に向けて「成績を上げるための学習ポイント」が全て網羅されています。

子どもをSAPIXに通わせている私も、実際に読んで見たら「目から鱗の情報」ばかりでした。

例えば、「子どもが塾が楽しい」と言っていると、親は安心しますよね?実は、これ要注意信号らしいのです。

「えっ?楽しんでるんだからいいんじゃないの?」と思ったのですが、そこには親目線だと気付けない落とし穴がありました。

気になるかたは、ぜひ小冊子を読んでみて下さい。

また、「国語の勉強の仕方がわからない悩み」「算数の成績が下がっている悩み」「勉強の仕方がわからない悩み」「子供とケンカになってしまう悩み」など、多くの保護者が抱える学習の悩みについて、原因と解決策が紹介されています。

他にもこれらの無料特典がつきます。

無料特典内容
  • 中学受験の悩みの原因と解決法
  • 合格を決める塾の使い方
  • 授業動画

 

特に授業動画の社会編は、地理が苦手なお子さんに繰り返し見せたい内容です。我が家では、この授業動画を繰り返し見せていたら苦手な社会が一番の得意になり、偏差値が15上がりました。

これらの小冊子と動画は、SS-1へ資料請求をすると直ぐに見る事ができます。資料請求は無料なので、成績を上げたい中学受験生にオススメです。

\いまだけ無料配布中/
無料プレゼントを申し込む
教室の希望がない場合は”オンライン教室”を選択

\当サイト読者向けの有益情報/
個別指導塾「SS-1」への資料請求で『知らないと損する学習情報』が満載の小冊子をプレゼント!
無料資料請求を申し込む
\当サイト読者向けの有益情報/
知らないと損する学習情報が満載の小冊子をプレゼント!
資料請求を申込む