家庭教師

東大生の家庭教師を個人契約で探す方法【個人でマッチング】

東大生の家庭教師を個人契約で探す方法【個人でマッチング】
家庭教師を探している人
家庭教師を探している人
家庭教師をつけたいけど、料金が高くてお願いできない。先生の質が高くて比較的安い家庭教師はいないかな?

そんなお悩みを解決します。

結論からいうと、家庭教師の個人契約マッチングサービスを利用するのがおすすめです

今回、受験生の親目線で家庭教師個人契約マッチングサービスを確認しました。

家庭教師の個人契約は昔からありましたが、最近は先生の模試・定期テスト・本試験などの成績から「適性時給」と「スキルチャート」を「見える化」しているサービスがあります。

先生のプロフィール(学歴、時給、写真、得意な教科)を見て、お気に入りの先生を見つける事ができます。

しろくま
しろくま
先生の成績から適性時給を出すなんて凄いな

家庭教師の個人契約マッチングサービスとは

通常、家庭教師を探す際は家庭教師センターにお願いするのが一般的です。

家庭教師センターは、個人契約に比べて先生の質が保障されていたり、トラブル対応のサポートがあったりというメリットはある反面、料金が高くなりがちというデメリットがあります。

以下に、家庭教師センターと個人契約のメリット・デメリットを整理しました。

家庭教師センター

メリット

  • 受験情報やノウハウを持っている
  • 教師の質が保障されている
  • トラブル対応をサポートする仕組みがある

デメリット

  • 料金が高い(入会金や仲介手数料がかかる)
  • 希望は出せるが、自分で先生を自由に選べない
個人契約

メリット

  • 料金が安い(入会金がない)
  • 自分の気に入った先生を自由に選べる
  • 日程の自由度が高い

デメリット

  • 教師の質が保障されていない
  • トラブル対応を自分で行う必要がある
家庭教師を探している人
家庭教師を探している人
個人契約は料金が安い点が魅力的だけど、先生の質が不安。急に来なくなったりしたらどうしよう?
しろくま
しろくま
個人契約する際の不安が解消できる家庭教師マッチングサービスがあるよ

個人契約のデメリットを解消【家庭教師スマートレーダー】

家庭教師スマートレーダーは東大・東工大・一橋大・京大・阪大の学生限定

家庭教師スマートレーダーは超難関大学の学生限定の家庭教師マッチングサービスです。
実際にプロフィールを見ると、すごい学歴が並んでいます。
※半分以上の学生は顔写真を登録しています。

家庭教師スマートレーダー

〇〇さん
東京大学 教養学部 文科二類
私立麻布高等学校
私立麻布中学校

△△さん
東京大学 法学部
私立灘高等学校
私立灘中学校

◇◇さん
東京大学 教養学部 理科三類
私立女子学院高等学校
私立女子学院中学校

中学受験を経験している先生が多く、子どもが憧れる第一志望校の先輩もいました。
無料登録をすると、先生の適性時給とおすすめポイントを確認する事が出来ます

先生のおすすめポイント(例)

東京大学 〇〇学部の先生です。出身校は私立〇〇中学校、全国有数のトップ中高一貫校です。東大オープンや東大実践模試で非常に良い成績を出していて、特に数学と物理は偏差値80を超えています。中学受験の経験がありますので受験をお考えの方はぜひ相談してみましょう。理系科目を中心に成績を伸ばしたい方にオススメの先生です。

しろくま
しろくま
顔写真を登録している先生も多いから、事前に雰囲気がつかみやすいよ

家庭教師スマートレーダーには個人契約にありがちなトラブルを防ぐ仕組みがある

家庭教師スマートレーダーでは、トラブルの原因になりがちなお金のやりとりを家庭と先生で行う必要がありません。

お金のやり取りは、スマートレーダーの運営事務局を通してとなります。

あらかじめ先生のスキルや実績と時給が明記されているので、後からお金でもめることもありません。

また、先生が急に来なくなったときなども、運営事務局に相談しトラブル解決をお願いできます。

しろくま
しろくま
家庭と先生の間に事務局がいると安心できる

家庭教師センターと個人契約の料金の比較

家庭教師センター(ノーバス)と個人契約(スマートレーダー)で、どれくらいの料金の差があるか確認してみました。
条件を同じにするために、家庭教師はプロ家庭教師ではなく学生家庭教師とします。

1か月間の費用:月4回(1時間)の場合

家庭教師センター
(ノーバス)
個人契約
(スマートレーダー)
指導料18,000円14,000円
入会金20,000円なし
学習サポート費3,000円なし
交通費4,000円4,000円
合計45,000円18,000円

合計で27,000円の差がでました!

何かとお金がかかる受験生活において、この差は大きいです。

仮に半年間お願いしたら約6万円の差がでることになります。

まとめ:質の高い家庭教師に安くお願いするなら家庭教師スマートレーダーがおすすめ

東大生の家庭教師を個人契約で探す方法として、超難関大学の学生とマッチングできる家庭教師スマートレーダーを紹介しました。

家庭教師スマートレーダーのメリット・デメリットや利用手順については、家庭教師スマートレーダーとは?料金とメリット・デメリットを徹底解説という記事で、詳細に解説しています。よかったら、ご覧になってください。

家庭教師スマートレーダーとは?料金とメリット・デメリットを徹底解説
家庭教師スマートレーダーとは?料金とメリット・デメリットを徹底解説家庭教師スマートレーダーの料金とメリット・デメリットを徹底解説。スマートレーダーの教師は、東大・京大といった超難関校の学生のみ。出身高校も灘、筑駒、開成、桜蔭と憧れの学校のOB・OGがたくさん。数学オリンピックに全国模試1位、ジュノンボーイまで才能あふれる先生が一杯。...

もし、家庭教師をお願いするのであれば10月までがオススメです。

家庭教師をお願いするなら10月までがおすすめな理由
  • 夏休みが終わって秋になると家庭教師の申し込みが急増する
  • 夏休み明けの模試で思うような結果が出なかった家庭が、一斉に家庭教師を探し始める
  • 良い先生ほど直ぐに埋まってしまうため、夏の間にキープしておくのがオススメ

これは、我が家の実体験になりますが、秋から冬の入試直前のシーズンに信頼できる家庭教師の先生がいると、安心感があります

実際、1月の追い込み時期は志望校対策に特化するために、家庭教師の先生をフル活用していました。

しろくま
しろくま
後悔しないように合格可能性を少しでも上げるために、やれることはあるかな

\無料会員登録はコチラ/
家庭教師スマートレーダー
志望校のOB・OGも見つかる

さいごに:中学受験が気になったら読む本

さいごに1つだけ、いまだけの無料プレゼント情報の宣伝です。
Z会が発行している小冊子で「中学受験が気になったら読む本」というものがあります。
この小冊子では、中学受験に関する基本的なことがらがギュッとつめられた内容になっています。

Z会無料プレゼントの内容
  • 「受験するかしないか」を決める際にまず考えてみるべきこと
  • 合格に向けたスケジュール
  • 志望校選びのポイント
  • 学習法の選択
  • 合格体験談

ぼくも実際に読んでみて、もっと早くに知っておけば良かったという内容が多かったです。
「中学受験が気になったら読む本」は、Z会の資料請求をすることでもらうことができます。
数量限定なので無くなっていたらごめんなさい。

\いまだけ数量限定で無料受付中!/
Z会無料プレゼントの申し込みはこちら