おすすめ情報

【カリモクの学習机】ボナシェルタを3年間利用した感想

カリモクの学習机 ボナシェルタを3年間利用した感想

中学受験において、子どもが机の前に座っている時間は何時間でしょうか?

毎日平均2時間座っていたとして、3年間で2,190時間です。

これだけ長い時間を過ごす学習机なので、我が家では良いものを長く使うという方針で、カリモク家具ボナシェルタを購入しました。

本記事では、学習机を選んだポイントと特徴について紹介します。

学習机を選んだポイント
  1. 触り心地がいいか
  2. 成長に合わせて変化できるか
  3. 収納力は十分か
  4. コンセントが十分についているか
  5. アフターケアが充実しているか
しろくま
しろくま
学習机を選んだポイントとお値段、購入した場所について紹介するよ

はじめに:どんな学習机がおすすめ?

子どもが小学生くらいになると、学習机を検討し始めると思います。

しろくま家では、中学受験を本格的に意識し始めた小5の春に学習机を購入しました。(それまでは、リビングのテーブルを使っていました)

購入したのは

カリモク家具のBuona schelta ボナシェルタです。
出典:カリモク家具

購入する際に重視したポイントと、今まで使ってきた感想について紹介したいと思います。

しろくま
しろくま
頻繁に買い替えるモノではないから、しっかり選んで購入したいね

学習机を選んだポイント

触り心地がいいか

えっ、触り心地?

って、思われたかもしれませんが、

しろくまは、とても大事なポイントだと考えています。

学習机というのは、子どもが今後勉強をする際のベースになる環境です。

そのため、子どもが使っていて気持ちのよい机であることが、必須条件だと思います。

この机は、天然の木製素材の特徴である、ぬくもりを感じるしっとりした質感が味わえます

しろくま
しろくま
触り心地がよくて、ずっと触っていたくなっちゃう

成長に合わせて変化できるか

学習机は大人用の机と異なり、子どもの成長に合わせて変化させる必要があります。

小学生(110cm)~高校生(175cm)と考えても、その間60cm以上の違いがあります。

これだけの違いが出てしまったら、最適な机の大きさや椅子の高さも変わってきます。

ボナシェルタは、組み合わせを色々と変える事で、

作業スペースの大きさを変えたり、椅子の高さを調整できます。

正面に組み合わせていた書棚を組み変えることで、作業スペースを大きく取ることもできます
出典:カリモク家具

また、この机の素晴らしい所は、

こういった変化を複雑な仕組みを使わずに、実現している所です。

しろくま
しろくま
僕が子どもの頃に使っていた机は、クルクルメカがついてたよ

収納力は十分か

収納って、使い始めは十分だと思っていても、いつの間にか不足してしまいます。

ボナシェルタは机と書棚を組み合わせると、かなりの収納力があります。

現在は、デスク奥行き(60cm)、デスク幅(90cm)で使用しています。

一番コンパクトな使い方になりますが、収納が4段×90cm分あるので、

普通に学校生活を送る分には、不足する事はほぼないと思います。

ただ、某S〇PIXのように大量のプリントを出してくる塾だと、全然足りないです(涙)

諦めて、大量の書類フォルダを買って専用の棚にしまっています。

しろくま
しろくま
オプションのハンガートレーをつけると、更に収納力がアップするよ

コンセントが十分についているか

コンセントは多ければ多いほど良いです。

いまや、子どももiPhone、iPadやPCを使いますし、

コンセントを必要とするシチュエーションがとても多いです。

ボナシェルタはコンセントが6口もついています。

これだけついていれば、まず不足する事はありません。

しろくま
しろくま
コンセントが沢山あると、色々と便利な事が多いよ

アフターケアが充実しているか

学習机は子どもが使うものなので、キズがついたときや壊れた時のアフターケアが気になります。

ボナシェルタには、「ずっとサポートセーフティ」というサポートがついています。

また、3年保証+修理対応もついています。

しろくま
しろくま
大きくなっても使いたいから、これは助かる

気になるお値段は?

気になるお値段について、しろくま家の例を紹介します。

お値段は約25万円でした。(税抜き)

品名型名定価(税抜き)
デスクST3078ME70,000円
書棚QT3075ME98,000円
引き出しユニットAT0574ME15,500円
椅子XT2401IE41,000円
ライトKS0152SE14,000円
ハンガートレーATO577ME12,300円
合計250,800円

 

子どもの学習机としては、かなり高い部類入ると思います。

ただ、たしかに高いんですが、これを小学校1年生から大学卒業まで使ったと考えると

1年間あたり
25万円 ÷ 16年間 ≒ 1.6万円

1か月間あたり
1.6万円 ÷ 12か月 ≒ 1300円

1日あたり
1300円 ÷ 30日間 ≒ 43円

1日あたり43円です。
あれっ、意外と安い?

これで、子どもが勉強してくれると思えば、

投資対効果としては、悪くない。むしろ、いいと思います。
かなり迷いましたが、とてもいい買い物をしたと考えています。

しろくま
しろくま
シンプルで飽きのこないデザインだから、大人になっても使るはず

どこで購入できるの?

購入方法として主なものは、以下となります。

  1. カリモク家具ショールーム
  2. 家具専門店・百貨店
  3. 楽天市場
しろくま
しろくま
自分の好みに合わせた場所で購入してね

全国のカリモク家具ショールーム
実物を見る事が出来るので一番おすすめです。
しろくまは、お台場ショールームで購入しました。

購入先が代理店からとなるので、値引き交渉が出来る場合があります。

しろくま
しろくま
しろくまは、5-10%くらい値引いてもらったよ

家具専門店・百貨店
数が多いので、お近くにショールームがない場合はおススメです。
また、お気に入りのお店でカリモク家具を取り扱っている場合もあると思います。

楽天市場
楽天会員の方はポイントがつくので、お得に購入できそうです。
必要なオプションが含まれているかは、自分で確認する必要があります。

こちらは、楽天で一番安かったセットです。(ポイント込みで)
ライトと椅子は、別途購入が必要です。(同じお店でも購入できるようです)

まとめ:中学受験に役立つおすすめ学習机!カリモク家具ボナシェルタの紹介でした

今回は、シンプルで人気な子どもの学習机という事で、しろくま家で購入した

カリモク家具ボナシェルタ

を紹介しました。

学習机を選んだポイント
  1. 触り心地がいいか
  2. 成長に合わせて変化できるか
  3. 収納力は十分か
  4. コンセントが十分についているか
  5. アフターケアが充実しているか

しろくま家では、子どもが二人いるので、この机は2台購入済みです。
利用して3年になりますが、全く不満がありません。

我が家で最も高価な家具ですが、高いものには高いだけの理由があるんだなと納得しています。

実は、カリモク家具がとても気に入ったので、1年後に本棚も購入しています。

また、我が家はリビング学習なので、リビングに学習机が2セット置いてあるのですが、
デザインが非常に洗練されているので、上手くインテリアとマッチしています。

しろくま
しろくま
長く使える良い学習机を購入しようとしている人には、本当におすすめできるよ

他にも、中学受験で役にたった・役にたつオススメアイテムをまとめて記事にしています。良かったらご覧になってください。

【中学受験】おすすめのアイテムをまとめました
【まとめ】中学受験に役立つおすすめアイテム本記事では中学受験に役立つアイテムを紹介しています。 長男の中学受験から次男の中学受験まで、2回の中学受験を通じてコレは役に立った!というおすすめアイテムとなります。ちょくちょく追加しています。...
さいごに:中学受験が気になったら読む本

さいごに1つだけ、いまだけの無料プレゼント情報の宣伝です。
Z会が発行している小冊子で「中学受験が気になったら読む本」というものがあります。
この小冊子では、中学受験に関する基本的なことがらがギュッとつめられた内容になっています。

Z会無料プレゼントの内容
  • 「受験するかしないか」を決める際にまず考えてみるべきこと
  • 合格に向けたスケジュール
  • 志望校選びのポイント
  • 学習法の選択
  • 合格体験談

ぼくも実際に読んでみて、もっと早くに知っておけば良かったという内容が多かったです。
「中学受験が気になったら読む本」は、Z会の資料請求をすることでもらうことができます。
数量限定なので無くなっていたらごめんなさい。

\いまだけ数量限定で無料受付中!/
Z会無料プレゼントの申し込みはこちら