偏差値順の女子中学校偏差値(2022年度)

はじめに

塾の偏差値別の合格者数を見ると、偏差値が5ポイント~10ポイント離れていても合格している子はいます。(10ポイント以上離れていても、極少数ですが合格しているお子さんもいました)

諦めなければ志望校の入試当日まで、学力は伸びます。最後までやれることは、やりつくしましょう!

みなさん大っぴらには言いませんが、実は小6から家庭教師をコッソリお願いしている人、かなり多いです。

我が家も、小6から家庭教師をつけて偏差値10以上離れている合格率20%の第一志望校に逆転合格できました。

中学受験生の親目線で家庭教師を選び抜きましたので、興味がある方はごらんください。

>>中学受験生の親目線で選んだ家庭教師ランキングはコチラ

偏差値順の女子中学校偏差値(2022年度)

偏差値順の女子中学校偏差値(2022年度)

塾と親の力で成績が思うように上がらなかったら、個別指導塾に相談してみるという手もあります。我が家では小6になってから算数の成績に伸び悩み、個別指導塾に相談しました。

最終的に入塾はしなかったのですが、算数の成績が上がらない原因もわかり、やるべきことが明確になりました。悩んでいても解決はしません。合格のために、行動しましょう!

個別指導塾への相談内容や相談方法をまとめたので、興味がある方はごらんください。

>>個別指導塾の無料相談で算数ができない原因がわかった体験談

\小学4・5・6年の保護者の方へ/
Z会の無料資料請求で”最難関中学を目指す7つの極意”を数量限定でプレゼント中!!
今だけの無料プレゼントを申し込む
\中学受験生の保護者の方へ/
Z会の資料請求で”最難関中学を目指す7つの極意”が貰える
資料請求を申込む