教材・教具展 2018

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

2018年の「教材・教具展」が3月15日に「大和商工会議所」にて実施されました。

いつもは1月に実施するのですが、今年は小中学校とも教科書の改定もないことですし、受験の終わった3月にしてみよう、ということで時期をずらしました。たくさんの塾の先生にも来ていただき、盛況におこなうことができました。

同時開催で、APU(立命館アジアパシフィック大学)の方に来ていただき、最近の大学事情を英語の側面からお話しいただきました。

これからの時代、英語は当たり前のように必要となることは間違いありません。しかも、それは「使える英語」です。また、今の小中学生が大人になる頃は、日本企業の主な売り先が東南アジアの諸国になっていることも間違いないでしょう。APUという大学は、学生の半数が留学生で、しかも、アジア系の学生が圧倒的に多いとのこと。そうした大学で学んだ4年間は、これからの日本を先取りしたものになることは間違いありません。

APU http://www.apu.ac.jp/home/

お集まりいただいた学習塾の皆さま、企業の皆さま、ご苦労様でした。